2014年 11月 16日 ( 1 )

秋のG1もここから年末まで7週連続開催となる。
これまではどのレースも1番人気が苦戦、そろそろ人気どころで決まりそうな気もするが、今回はあえて攻めてみたい。

明確な逃げ馬が不在のため、おそらくヴィルシーナがハナを切る事になるだろう。
春はヴィクトリアマイルを勝って、宝塚記念も牡馬相手に3着、ここは展開に恵まれて一番人気になっても不思議はなかったが、いかんせん体調不良でステップレースをスルーした。
どこまで仕上がっているかがカギだが、このメンバーで抜けた能力を持っているとは思えないので、今回は無印とする。

ではペースが落ち着いて、直線向いてのヨーイドンの切れ味勝負になったときに浮上するのはどの馬か。
本命はサングレアルにする。
この馬はPOGで指名しているので応援しているのだが、本命にした理由はそれだけではない。
前走の秋華賞は最後方から追い上げて届かずの5着、しかし上がり3Fはレース最速を記録している。
前々走は休み明けの出遅れて度外視、元々はブエナビスタの妹と言う良血であり、体に筋肉が付いた今回が狙い目である。

対抗はやはり3歳馬のヌーヴォレコルト。
札幌記念で古馬を一蹴したハープスターをオークスで退けており、この馬も古馬に十分通用すると考える。
秋華賞はショウナンパンドラにクビ差負けたが、これは位置取りの差で、鞍上岩田も同じ失敗は繰り返さないだろう。
新馬戦の4着以外はすべて3着以内で、連軸としてはこの馬の方が信頼が置ける。

三番手はラキシスだ。
昨年の2着馬で、休み明けの前走も産経オールカマーを2着。
重賞未勝利だが、京都コースは1.1.0.1で、唯一の着外は牡馬と戦った京都記念の4着だ。
今年は重賞未勝利馬が好走する流れでもあり、実績的に勝ち負けしても不思議ではない。

四番手はスマートレイアーにする。
昨年の秋華賞2着の後、今年になってオープン勝ちし、ヴィクトリアマイル以外は重賞で好走を繰り返している。
そして強調したいのが、鞍上の武豊がかなり自信満々の発言をしていること。
距離が持つかどうかは微妙だが、武豊が「自分さえきちんと乗れば、距離を克服して勝負になる」と断言している。
武豊は昨日も最後方から直線一気で武蔵野Sを制しており、この秋は熟練の腕が冴え渡っている。

五番手はショウナンパンドラだ。
秋華賞は味のある勝ち方だったが、すべて巧く行った感もある。
中間はさらに上昇カーブを描いているようだが、今回はマークもきつくなるので、前走のような競馬はちょっと難しいだろう。

ラストはディアデラマドレだ。
今年すでに重賞2勝、府中牝馬Sの勝ち馬はこのレースに直結しないのだが、好調時にある事は間違いない。
キングカメハメハにディアデラノビアという良血で、この馬も一発があっても不思議ではない。


◎サングレアル
○ヌーヴォレコルト
▲ラキシス
△スマートレイアー
×ショウナンパンドラ
×ディアデラマドレ


今回は◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の、三連単フォーメーションで勝負。



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]