「カフェ・ソサエティ」

ウディ・アレンの最新作だ。
最近のウディ・アレン作品はやや難解だったり、まったく希望がないまま終了したりする作品が多いのであまり期待しないで観に行ったが、本作は比較的わかりやすい作品だった。

1930年代のアメリカ。
N.Y.で生まれたボビーは、エンターテイメントビジネスで成功する事を夢見てロスに行く。
ロスには、映画界の有名エージェントである叔父のフィルがいた。
母の口利きでフィルの元で働き始めるボビー。
働き始めてすぐ、フィルの秘書であるヴォニーにロス案内をしてもらうのだが、ボビーはヴォニーに一目ぼれしてしまう。
しかしヴォニーにはダグという恋人がいた。
落ち込むボビーをフィルが慰めるのだが、実はヴォニーの恋人はフィルその人だった。

フィルは妻と離婚をしてヴォニーと結婚しようと考えていたが、その事をなかなか妻に切り出せない。
結局ヴォニーに別れを告げることになる。
傷心のヴォニーはボビーの元を訪れ、ボビーの優しさに少しずつ二人は距離を縮めていく。
一方フィルはやはりヴォニーに事が忘れられない。
ボビーがヴォニーにプロポーズをした後で、妻と離婚するから結婚してくれとヴォニーに求婚する。
迷った挙句、ヴォニーはフィルを選んでしまった。

その後、ボビーはN.Y.に戻り兄のナイトバーを手伝うことになる。
兄のベンは裏社会とつながっており、違法な手段を使って店を大きくしていった。
また、元々社交家であったボビーの貢献もあり、ナイトバーはみるみるN.Y.でも評判の店となる。
ボビーは店の客のヴェロニカと知り合い、結婚する。
幸せな生活を送っていたボビーの元に、フィルとヴォニーが現れた。
ヴォニーはフィルに内緒でボビーを誘おうとするのであった。

ウディ・アレン作品特有の、早いテンポでストーリーは展開する。
正直、ストーリー自体はやや古臭いようにも思う。
クライマックスはボビーとヴォニーの再開で、この二人がくっつくのか離れるのか、微妙な距離感でドキドキさせられる。
このドキドキ感は非常に巧いと思うのだが、いかんせん90分の作品でラストの10分程度である。
しかもラストはかなりあっさりしている。
もうちょっと前半を短くして、この再開後の距離感で30分くらい使ったほうが、今風の映画になったんじゃないかとも思う。

とはいえ、あまり不倫のシーンを前面に押し出すと「昼顔」に近くなってしまうかもしれないので、ウディ・アレン作品としてはこれでいいのかもしれない。


59.カフェ・ソサエティ


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス
http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2017-05-13 00:10 | 映画 | Comments(0)