「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」

インドの田舎町で母、兄、妹と暮らす5歳のサルーは、兄と一緒に出稼ぎに行くことにした。
電車でかなり遠くまで来たとき、乗り換えの駅で兄と離れ離れになってしまう。
サルーはよくわからないまま電車に乗って2日間閉じ込められ、カルカッタに到着する。
そこで危険な目に遭いながら数か月を過ごした後、孤児院に引き取られた。

サルーはすぐに、オーストラリア人の夫婦に引き取られ、タスマニアに移住する。
そこで実の子供のように育てられ、オーストラリア本土の大学に進学した。
大学では彼女もでき、ホテル経営を学んでタスマニアに戻り就職するサルー。
しかし大学時代、友達に自分の出生の話をしたとき、「google Earth」で生まれ故郷を調べられるのではないかと言われ、その事がずっと頭の中に残っていた。
だが、故郷を調べることは、愛する育ての母への裏切りになってしまう。
それでもこっそりと調べ続けるサルー。
苦しむサルーは彼女と別れ、仕事も辞めてしまった。
心身ともに疲労したサルーは、ある日偶然、自分が生まれた街を発見する。

今年のアカデミー賞で作品賞にノミネートされた作品だ。
実話をもとにしているだけに、なかなかの感動作である。
ただ、ストーリー展開はかなり間延びした感がある。

サルーがカルカッタを放浪し、オーストラリアに渡るまでが約半分の1時間。
サルーが危険な目に遭いそうになるシーンが延々続く。
インドではいまだに年間8万人の子供が行方不明になるそうで、実話にかなり近い演出になっているのだろうとは思うが、「スラムドック・ミリオネア」を観ているので焼き直し感が強かった。
子供をさらおうとする悪人も似たような感じばかりだったので、このシーンはばっさり短くしてもよかったんじゃないかと思う。

また、サルーが故郷を探す事に葛藤するシーンも長い。
ストーリーの流れでは、サルーが故郷を探す事に関して、母親が悲しむような人間には描かれていない。
正直に話せば理解ができる人のように見え、恋人からもそのように諭され、実際に打ち明けてもやっぱり理解してくれたのに、サルーが一人で勝手に悶々としていた。
普通に考えて、理由も言わずに仕事辞めてしまう方が、母親としてはよっぽど心配じゃないかと思う。

前半、後半ともかなりカットできるシーンが多く、バッサリ90分間くらいの作品にまとめれば、もう少し評価も上がったんじゃないかと思う。


53.LION/ライオン 〜25年目のただいま〜


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス
http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2017-05-06 07:42 | 映画 | Comments(0)