備忘録の4本

3月に放送されて、すでに3月に見終わっているのだが、備忘録として記録する4本。

まず、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH (TRUE)2 / Air / まごころを、君に」。
正確には「DEATH (TRUE)2」と「Air / まごころを、君に」の2本になる。

この冬にNHKがBSで、鶴巻和哉を監督した「龍の歯医者」というアニメを、90分×2週の枠で放送した。
その前宣伝の意味もあって、昨秋からTV版エヴァのリマスターを毎週放送し、最後に旧劇場版2作を放映した。

2年くらい前の夏に「Air / まごころを、君に」だけはレンタルして見ていたが(「DEATH (TRUE)2」はレンタル中で借りられなかった)、その時はいま一つストーリーに入りこめなかった。
しかし今回はTV版からの流れで旧劇場版2作を見たため、かなり深く内容が理解できた。
音楽もとてもよく、ゼーレの刺客からシンジを護ろうとするミサトに、ちょっと感情移入してしまった。

続いて「アンフェア the answer」と「アンフェア the end」。

2006年から始まった「アンフェア」シリーズも、2015年の「the end」をもってラストとなった。

「SPEC」のように、TVシリーズを映画化すると風呂敷を広げすぎて畳めなくなってしまうパターンも多いのだが、「アンフェア」に関してはなんとかうまくまとめたという感じである。
映画館で観た2015年当時はよくわからなかったが、「the end」は2013年のスノーデン事件をモチーフにして、ストーリーにうまく取り込んでいる。

このシリーズが始まった当初、阿部サダヲすらそれほどメジャーな役者ではなく、西島秀俊も復活しかけている程度だった。
さらに志賀廣太郎や、当時まだ新人だった瑛太や三浦春馬など、ここからメジャーになった役者も多い。

「the end」でシリーズはいったんのエンディングを迎えたが、すでに北乃きいと寺島進でリブート作品がTVSPとして3本制作されている。
これに向井地美音の美央を絡ませれば、篠原涼子をメインに据えなくても十分新シリーズを制作する事はできるんじゃないかと思う。

ファンとしては、どうしても新シリーズに期待してしまう。


44.新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH (TRUE)2
45.新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air / まごころを、君に(再)
46.アンフェア the answer(再)
47.アンフェア the end(再)


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2017-04-22 10:08 | 映画 | Comments(0)