菊花賞

台風接近でどんな馬場状態になるか想像ができない今年の菊花賞。
だがそれ以前に、出走メンバーが小粒だ。
4勝馬が2頭で、重賞勝ち馬も2頭だけ。
抽選で滑り込んだスティッフェリオはの獲得賞金は900万円。
手元に詳しい資料がないが、たぶんダービーの時よりも出走条件が下がっている。
馬場状態を考えても、何が勝ってもおかしくない状態だ。

予想の手がかりも少ないので、今回は実績よりも血統を重視することにした。
本命はウインガナドルだ。
父はステイゴールドで母の父はメジロマックイーン、今回の出走馬ではこの馬が一番長距離の血を受け継いでいる。
逃げ馬で1枠2番と言う絶好枠に入った。
3走前の夏木立賞をやや重で勝利しているが、母のタイムフェアレディもやや重のうぐいす賞を勝利しているので道悪も大丈夫だろう。
さらに鞍上の津村は、2010年の菊花賞でコスモラピュタで逃げを打ち5着に粘っている。
条件的にはこの馬が一番勝利に近い。

2番手はキセキ。
春は惜しい競馬でクラシック出走権を得られず休養、7月に復帰してから2連勝し、前走の神戸新聞杯は上り最速の脚を記録してレイデオロの2着だった。
元々中段より後ろというレーススタイルと、やや外枠に回ったことは気になるが、父のルーラーシップは道悪得意だったので馬場状態は問題ないだろう。
デムーロが巧い位置に付けられれば、直線ですいすい抜け出してくる可能性は高い。

3番手はアルアインだ。
ディープインパクト産駒は、昨年のサトノダイヤモンドまで3000m以上の重賞勝ち鞍がなかった。
秋の京都はディープ産駒が活躍するが、この馬場と言う事もあり今回はやや厳しいか。
とは言え、出走馬中4勝馬、重賞2勝、G1勝ち馬はこの馬しかいない。
昨日の富士Sでエアスピネルとイスラボニータがワンツーしたように、極悪条件では結局実力馬が上位に来る、という可能性もある。
先週秋華賞を勝ったルメールに期待したい。

4番手はダンビュライトにする。
朝日杯FSは13着だったが、ダービーの6着を含め、春のクラシック戦線では常に上位争いを演じてきた。
ルーラーシップ産駒で鞍上が武豊という事を考えると、ここでも上位争いは必至だ。

5番手はミッキースワロー。
セントライト記念は素晴らしい脚でアルアインを見事に差し切った。
前日発売で1番人気だが、馬場が良ければこの馬がだんぜんの一番人気だっただろう。
ただ、トーセンホマレボシ産駒と言うことで馬場が合うかどうかがまったくわからない。
しかも父の兄トーセンジョーダンは天皇賞秋をレコードで勝っており、どちらかと言えば中距離のスピード血統のような気がする。
母の父ジャングルポケットの血統で、どこまで距離と道悪をこなせるかがカギだ。

最後は迷った。
順調に来ていれば、春のクラシック戦線でも主役だったはずのブレスジャーニー。
重賞を2勝しておりダンビュライトにも先着しているが、さすがに11か月の休み明けでこの馬場状態では息が持たないだろう。
ステイゴールド産駒のマイネルヴンシュは、2500mの九十九里特別を古馬相手に勝利。
デビューから一貫して2000m以上を使われており、初めて56kgを背負ったとき以外は、着実にタイムを縮めており成長力を感じさせる。
栗東に先に乗り込んでおり、陣営も勝負気配だ。
とはいえ、前走もクビ差でもう一つパンチに欠ける。

であればベストアプローチだ。
〇外でヨーロッパの血統だから、重馬場は問題ないだろう。
まだ1勝馬だが、これまで大きく負けたこともない。
京都で1.0.1.0と言う成績を考えると、ここも渋太く上位争いをしそうな気がする。


◎ウインガナドル
〇キセキ
▲アルアイン
△ダンビュライト
×ミッキースワロー
×ベストアプローチ

馬券は◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の、3連単24点で勝負。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2017-10-22 08:26 | 競馬 | Comments(0)