「3月のライオン 前編」

原作は「ハチクロ」の羽海野チカ、連載は「ヤングアニマル」だが偶然見たNHKのアニメ版も絵柄が少女漫画っぽかったので、すっかり少女マンガに近いのかと思っていた。
しかし、内容はかなり骨太だった。

ほぼネタバレになってしまうが、前編の内容は以下の通り。

桐山零(神木隆之介)は9歳の時、両親と幼い妹を事故で亡くしていた。
父は奨励会に入るほど将棋が強かったがそれを辞め、実家の医院を継いだばかりだった。
父方の叔母は将棋好きだった父を毛嫌いしていた事もあり、零は施設に入れられそうになった。
しかしその零を、父と親しかったプロ棋士の幸田柾近(豊川悦司)が引き取り、実子同様に育てた。

その頃、プロ棋士界は宗谷冬司(加瀬亮)が頂点に君臨していたが、成長した零はその宗谷以来の、中学生でプロ棋士になった実力者として耳目を集めていた。
しかし零は本当は将棋が好きではなく、幸田家の中で居場所を求めるために必死に将棋を勉強したのだった。
だがそれが、悪い方に作用する。
幸田には、香子(有村架純)と歩という二人の子どもがいて、二人ともプロ棋士を目指していた。
幸田家に来た当初、零はこの二人にまったく歯が立たなかったのだが、メキメキと実力を上げやがて二人が零に勝てなくなってしまった。
零より年上の香子はそれが我慢ならず、零に暴力を働く事もあった。
それを見かねた幸田は二人の子どもに、零に勝てないのならプロ棋士になるのは諦めろと告げる。
香子は納得いかずに家を飛び出そうとするが、零はそれを止めて自ら幸田家を出るのであった。
さらにB級リーグ戦で、零は幸田に勝利してしまう。
幸田はそれがショックで、その後連敗してしまった。
勝負とはそういう物だとわかっていても、まわりからは義理の父を負かしたと言われ、香子からも恨みつらみをぶちまけられる零。

さらにクリスマスイブの日に、トーナメント戦で安井(甲本雅裕)という棋士に勝利する。
安井は将棋で負けると酒を飲んで暴れ、家族にDVを働いていた。
それが理由で離婚をする事になり、クリスマスイブは娘と過ごす最後の日だったはずだが、零に負けたため酒を飲み、娘と会う事はなくなってしまった。
自分の居場所を求めて始めた将棋だったが、勝てば勝つほどその居場所がなくなるような気がして、零は迷う。

そんな零の心の拠り所となったのが、近所に住む川本三姉妹だった。
下町育ちで、かつ和菓子屋を営む姉妹の祖父(前田吟)が将棋ファンだった事もあり、三姉妹は事あるごとに零に気を掛けてくれた。
そして正月、零は川本三姉妹と祖父、伯母の美咲(板谷由夏)らと初詣に出かけるのだが、そこでばったり後藤と一緒にいる香子と出くわす。
香子はA級棋士の後藤(伊藤英明)と付き合っていたのだが、後藤は妻帯者であり、零は香子に後藤と別れるように強く言った。
そして、現在参加しているトーナメント戦で、零が後藤を倒せば香子は後藤と別れると言う約束を取り付ける。

その日から必死に対後藤戦の研究を行う零。
しかし後藤と対戦する前に、零はA級棋士の島田(佐々木蔵之介)に破れてしまう。
島田の芯の通った奥深い気風に感化された零は、島田の研究会に入会する。

その後、後藤と島田のトーナメント決勝戦が行われ、島田が勝利する。
そして島田は宗谷冬司に挑戦をするのだが、一方的に敗戦してしまった。

一方、零は新人戦を決勝まで勝ち進む。
トーナメントの別ブロックをライバルの二階堂(染谷将太)が勝ち進むが、準決勝で山崎に敗北、山崎は新人戦で4期タイトルを獲得している実力者だが、準決勝では腎臓に病を抱える二階堂の弱点を突き、千日手を使って持久戦に持ち込むと言う手段を使っていた。
零は必ず山崎を倒すと意気込んで決勝に臨み、見事タイトルを獲得する。

文字面でストーリーを追うだけだとあまり深みが表現できないが、役者に実力者を揃え、演出も素晴らしいため非常に奥の深い作品となっている。
特に前半は有村架純の香子と伊藤英明の後藤、二人の悪役の演技がキーポイントとなっている。
観客からはかなり憎まれるほどの悪役に設定されているが、実はこの二人も背負っている物がある。
その見せ方が巧く、ストーリーにきちんとメリハリが付いているため思わず引き込まれてしまった。

加瀬の宗谷冬司は羽生がモデルと思われるが、前編ではほとんどセリフがない物静かなキャラで貫いている。
これが後編に生きてくるのだろうが、「聖の青春」の東出昌大とはまた違った、新たな羽生像が描かれていて面白い。

また、前編ではすべて合わせて5分くらいしか出番のない高校教師林田役の高橋一生も、存在感を見せている。

これだけ豪華なキャスティングをすれば、それは面白くなるだろう、という人もいるだろうが、その実力者をキッチリ使いきっている所が、この監督の力量だろう。

後編も期待できる。


36.3月のライオン 前編



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2017-04-05 22:18 | 映画 | Comments(0)