「カーズ2」

「カーズ」の最新作が面白そうなので、まだ見ていなかった「カーズ2」が地上波放送された際に録画しておいた。
ただ、「カーズ」や最新作とはちょっと趣の異なる作品であった。

イギリスの諜報員フィン・マックミサイルは海底油田に忍び込んで捜査活動をしていたが、決定的な情報を掴む事ができなかった。
ガソリンに絡む何かが動いていると感じたマックミサイルは、アリノール社が主催するワールドグランプリで何かが起こると考え、ワールドグランプリの第一戦の開催地東京に向かう。

一方マックィーンはピストンカップで活躍をして、アメリカ中のヒーローだった。
アリノール社のCEOマイルズ・アクセルロッドからワールドグランプリへの参加を持ちかけられるも、疲労などもありあまり乗り気ではない。
しかしメーターがTV中継中のアクセルロッドに電話を掛けたため、ワールドグランプリ出場が決まってしまう。
マックィーンはメーターを含めたクルーたちと、東京に向かった。

東京ではオープニングパーティが催されていた。
マックミサイルは東京支社のエージェントであるホリーと合流、アメリカのエージェントが持ってくる写真を待っていた。
だがオープニングパーティ中にアメリカのエージェントが襲われ、たまたまその場に居合わせたメーターが証拠の写真を入手してしまう。
アメリカのエージェントが持っていたGPS発信機も同時に受け取ってしまったメーターは、マックミサイルとホリーにアメリカのエージェントと勘違いされ、一緒に諜報活動をする事になってしまった。

メーターが不思議な行動をしている中、マックィーンは初戦のレースに出場する。
いい感じでトップを走っていたものの、メーターがホリーに連絡する無線を自分宛の指示と勘違いし、惜しくも2位に敗れてしまう。
マックィーンに怒られたメーターはチームを離れて帰国しようとしたが、マックミサイルとホリーに巻き込まれ、メーターはそこで初めてマックミサイルとホリーの任務を知る。
アメリカのエージェント写真に古い部品が使われている事に気付いたメーターの進言により、3人はフランスに向かった。
そして陰謀をたくらむグループが、アリノール社のガソリンに電磁波を当てると爆発する事を利用して、ワールドグランプリを妨害しようとしている事に気付く。

一応映画のテーマはレースになっているが、どちらかと言えば内容はスパイ映画である。
主役もマックィーンではなくメーターと言ってもいいだろう。

前作ではマックィーンのレーサーとしてのアイデンティティが主題となっており、最新作も同様の設定のようなので、間に挟まる「2」もそういう話かと思っていた。
なので少々面食らってしまった。
とは言え、そもそもが子ども向けのアニメ映画である。
かなり派手なシーンも多かったので、子ども向けとしてはこちらが正解なのかもしれない。
ただ正直、レース部分はオマケ程度で、車がテーマである必要がほとんどない(ガソリンで動けば船でも飛行機でもいい)。
安易と言えば安易な作りだったような気もする。


85.カーズ2


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス
http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2017-07-24 23:56 | 映画 | Comments(0)