「モアナと伝説の海」

ディズニー作品ではあるが、個人的にはジブリ作品っぽい印象を受けた。
例えるなら、ヘラヘラしたナウシカがヘラヘラしたアシタカと一緒に、奪った心の石をシシ神のところに返しに行く物語である。
一応断っておくが、決してけなしている訳ではない。
あくまでもわかりやすい表現を使っただけで、作品としてきちんとまとめられた映画である。

モアナは島の族長の娘で、やがて彼女が族長となる予定だ。
島は平和で人々は楽しく暮らしていたが、ある日突然魚が獲れなくなり、ヤシの実はみんな病気になってしまった。
これは、大昔の伝説の崇りの影響であった。

大昔、全能の女神テフィフィは数々の島を作成した。
そこに神々から与えられた魔法の釣り針を持ったマウイが現れ、休んでいたテフィフィの心の石を奪ってしまった。
石を持つ者は大きな力を得るため、マウイはいろいろな邪悪な者たちから狙われる事となる。
石を手に入れた直後、さっそく火山の悪魔テカに襲われ、マウイは釣り針と石の両方を海中で無くしてしまった。
テフィフィが心を奪われたため闇が少しずつ広がり、魚は取れなくなり植物も枯れ、海は危険な場所となっていたのだった。

その話を祖母のタラから聞いたモアナは、一人でマウイを捜し、テフィフィに心の石を返しに行く旅に出る。

その後はマウイと出会い、マウイの神々の釣り針を捜し、テフィフィに石を返しに行く冒険譚となる。
マウイは最初は自分勝手だが、二人で航海するうちに助け合い、やがてわかりあうようになって行く。
ディズニー映画の王道パターンだ。

正直ストーリー構成はありきたりではあるが、アナ雪のヒットを受けてか、ストーリーのところどころに歌が多く挿入され、ミュージカル仕立てになっている。
それがなかなか心地いい。
またCGもなかなか出来が良いため、「観るディズニーリゾート」という趣さえある。

ただしちょっとうがった見方をすると、ディズニーリゾートでアトラクションを作りやすそうな映画で、かつ途中に出てくる海賊のカカモラなど、グッズ販売が見込めそうなキャラやアイテムが数多く登場する。
そのあたりのあざとさが、スクリーンにうっすらと見え隠れした。

アナ雪のような爆発的ヒットにはならないと思うが、春休みからGWに掛けて家族で楽しむには十分な作品である。



33.モアナと伝説の海


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2017-03-17 23:22 | 映画 | Comments(0)