「言の葉の庭」

地上波の深夜に「言の葉の庭」が放送されたので録画して見た。
新海誠監督の「君の名は。」の前作である。
「君の名は。」では彗星の描写が極めて美しかったが、本作では雨と池の水面に写る新緑が美しく表現されていた。

母、兄とクラス高校1年生のタカオは靴職人を目指していた。
バイトをして靴職人の専門学校に通うための資金を稼ぎながら、靴のデザインをスケッチする日々を送っていた。
そんなタカオは、雨の朝は午前中の授業をサボって新宿御苑に行く事にしていた。
そこの東屋で靴のデザインを考えるのである。
ある日、東屋に若い女性がいた。
その女性は朝から缶ビールを飲み、チョコレートをつまみにしていた。

女性の名はユキノ。
仕事のストレスのために味覚障害になり、やはりストレスのために会社をサボっていたのだ。
缶ビールでチョコレートをつまみしていたのは、味覚を感じられるのがビールとチョコレートだけだったからだ。

不思議な出会いをした二人は、季節が梅雨だった事もありよく顔をあわせるようになった。
そして少しずつ距離を縮め、お互いの事を知る事になる。
しかし梅雨が明けて雨の季節が終わると、二人は会う事がなくなってしまった。

上映時間は46分と非常に短く、そもそもは劇場公開の予定はなかったようだ。
今回の放送に関してはサントリーがワンスポンサーだったが、金麦や伊右衛門などがそのまま作中に使用されているからなのだろうか。
深夜枠と言う事もあり、CMは作品の間に嵌めこまれる事はなく文字通りのノーカットでの放送であった。

ただ、ノーカットという事もあってか、非常に淡泊な印象を受けた。
タカオとユキノの繊細な心情を表現しながらも、全体としてはメリハリが弱く、ラストもサラッとした感じで終わってしまった。

非常に繊細で美しい作品であるとは思うが、「君の名は。」を観た後で見ると、やや物足りなさを感じてしまった。


30.言の葉の庭


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2017-03-06 21:05 | 映画 | Comments(0)