「マリアンヌ」

原題は「Allied」で、「同盟国」とか「親戚」という意味らしい。
なかなかいいネーミングだと思うが日本人には馴染みの薄い単語で、邦題を「マリアンヌ」にしたのは正解だったと思う。

1942年のカサブランカ。
カナダから連合軍に参加しているマックス・ヴァンタン大佐(ブラッド・ピット)は、在モロッコのドイツ大使暗殺のミッションを受けていた。
現地にいた元フランスレジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)と協力し、見事に難しいミッションを成し遂げる。
ミッションの期間中二人はお互いに惹かれあい、決して「吊り橋効果」ではなく恋に落ちた。
そしてイギリスに戻った後に二人は結婚、娘にも恵まれて幸せな日々を送っていた。

しかしある日、マックスは上官から呼び出しを受け、マリアンヌがドイツのスパイだと知らされる。
本物のマリアンヌ・ボーセジュールはパリでレジスタンスとして活動中に死亡、すり替わった彼女が、誰も知る者のいないモロッコに送られたのだと言う。
マックスは当然信じられず、二人でドイツ大使を殺害したと反論するが、そもそもそのドイツ大使は反体制派でヒトラーが暗殺の指令を出していたのだと言う。
そして上官は、マリアンヌに偽の情報を流し、その情報がドイツに送られるかどうかテストをすると言う。
もしテストの結果、マリアンヌがスパイだと判明した場合は、規則に従いマックスが彼女を処刑しなければならない。
マックスが処刑を拒否すれば、反逆罪で二人とも処刑となってしまう。

スパイ映画のサスペンス要素に見事にラブストーリーが組み込まれ、さすがロバート・ゼメキスとうならされる映画だ。
カサブランカでの不可能に近いミッションを準備する間も、二人の距離感は少しずつ縮まって行くのだが、成功後にイギリスに戻って緊張が解けた後は一気に近くなる。
そして大戦終了後には、マックスは故郷に戻って幸せな牧場経営を夢見ていた。

しかし一転、マリアンヌにスパイ容疑が掛けられる。
一度弛緩した緊張感はこれまでに以上に強い物となり、観ている者をスクリーンに引き込んでいく。
マリアンヌが、上官の仕掛けた罠のテストにはまってスパイと認定されてしまうのか。
マックスの不安と焦燥の表現が非常に巧く、かつマリアンヌの行動も、スパイかどうかギリギリの線で疑わしい。
本当にマリアンヌはスパイなのか、思わず握りこぶしに力が入ってしまった。
そして、マックスが牧場を経営しているラストシーンは感動的で、劇場内ではすすり上げる声も聞こえていた。

バレンタイン~ホワイトデシーズンという事もあり、カップルで観に行くにはちょうどいい作品だと言えるだろう。


25.マリアンヌ


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2017-02-18 00:40 | 映画 | Comments(0)