「ドクター・ストレンジ」<自由部門>

スティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)はNYで活躍する天才外科医で、彼の手術は「神の手」と呼ばれていた。
患者を救うと言う意思は非常に強いものの、一方で傲慢なため他人をさげすむ部分もあった。

ある日ストレンジは車の運転を誤り、大事故を起こしてしまう。
彼は両手に大けがを負い、手術はおろか日常生活もままならない状態になってしまった。
失意で自暴自棄になるストレンジ。
その時、かつて半身不随で歩行できなくなったパングボーンと言う患者が、数年後に自力歩行していると言う事例を耳にする。
ストレンジはパングボーンに会いに行き、カトマンズにあるカマー・タージに行けと言われる。
藁をもすがる思いでカマー・タージに向かうストレンジ。

カマー・タージの主エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)は、ストレンジを魔術で治療する。
西洋医学のみを信じていたストレンジにとって、エンシェントの魔術は信じられない現象であった。
ストレンジは魔術を習得するために、カマー・タージに残って修行を始める。

修行の最中、ストレンジは禁断の秘術を記した本に手を出してしまう。
その本は、かつてエンシェントの高弟であったカエシリウスが、秘術のページを破って持ち去った本だった。
ストレンジは「アガモットの目」を使って時間を遡り、持ち去られた秘術部分を瞬時に記憶した。
だが時間を操る「アガモットの目」を使えば時間に分岐が発生し、ストレンジ自身が死ぬ可能性もあった。
ストレンジはお目付役である兄弟子モルドと書庫番ウォンに、以降「アガモットの目」を使って時間を遡る事を、厳しく禁じられた。

ストレンジは二人に、秘術のページに記されていたドーマムゥについて尋ねる。
ドーマムゥは暗黒次元にいて地球を狙っているが、魔術の祖であったアガモットがNY、ロンドン、香港に拠点を作り、結界を張ってドーマムゥから地球を護っていると教えてくれた。
さらに暗黒次元の力を得ようとするカエシリウスがドーマムゥを地球に呼び込もうとしている、とも教えてくれた。
そしてまさにその時、ロンドンの決壊がカエシリウスに破られてしまった。
ロンドンからカマー・タージに現れたカエシリウスとの対決中に、ストレンジはNYの拠点に飛ばされてしまう。
そこでカエシリウスと二人の部下に襲われるストレンジ。
NY拠点の主は倒されてしまうが、ストレンジはなんとか二人の部下を退け、カエシリウスを拘束具で抑え込む。
だが自身も負傷していた。
急遽、自分がかつて勤務していた病院に飛び、同僚のパーマー(レイチェル・マクアダムス)に手術をしてもらうストレンジ。

手術の終了後にNYの拠点に戻ると、カエシリウスは逃げた後で、カマー・タージからエンシェント・ワンが来ていた。
倒されたNY拠点の主の代わりに、エンシェント・ワンはストレンジにNY拠点を任せようとする。
しかしストレンジは、自分は医者で患者を救う事が仕事であり、人を殺す事が仕事ではないと拒否。
エンシェントがストレンジを説得している最中に、カエシリウスが再び手下を従えて襲撃してきた。

マーベル・スタジオの、新たなるヒーローである。
X-MEN、デッド・プールと異なり独立制作の作品となるので、この後アベンジャーズに参加する事になるのだろう。
実際、それを匂わせるシーンもあった。

非常に高慢でかなり嫌味な性格ではあるが、人を殺したくないと言う高尚で真面目な考え方は、キャプテン・アメリカに近いかもしれない。
そして魔術と言う能力の破壊力は、マイティー・ソーと同じかそれ以上だ。

どこでもドアのように空間を曲げてつなげる事ができ、さらに「アガモットの目」を使えば時間さえを操る事ができる。
ハッキリ言ってなんでもアリ状態で、武器も空間からひねり出す事ができる。
さらにミラー次元という空間を設定し、現世と同じ次元でありながら、激しく戦っても現世には影響がないと言う、ご都合主義もここに極めり的な能力まで登場する。
一方で主人公が外科医だけに、戦いで受けたダメージを外科手術で回復させようとういうシーンもある。

今回の作品のようにドクター・ストレンジの世界で完結しているのであれば、敵も同等の能力を持っているのでバトルとしても釣り合いが取れるだろう。
しかしアベンジャーズに参加した場合、一人だけかなりの破壊力を持つ事になる。
人を殺さないという正義感を能力の足かせにする事もできるかもしれないが、敵がロボットや異星人、異空間から来たロキの軍団だったら、臆することなく能力を大爆発させるだろう。

ミラー次元内の戦闘のスピード感は文字面では表現できないほどで、目が付いていかずに酔ってしまいそうだった。
画面の迫力は特筆モノで、これだけでも一見の価値があるのだが、いかんせん主人公の破壊力があまりにも巨大すぎて、ストーリーのバランスはギリギリになってしまっている。
さらに、この後アベンジャーズに合流する事が前提となっている事も考えると、次回以降の展開はあまり期待し過ぎない方がいいのかな、とも思った。



16.ドクター・ストレンジ


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9




第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by ksato1 | 2017-02-02 23:48 | 映画 | Comments(0)