「土竜の唄 香港狂騒曲」<自由部門>

今年一発目の映画は元旦に観た「土竜の唄 香港狂騒曲」だ。
元旦に観る映画としてどうか、とも思ったが、当初観る予定だった「ローグ・ワン」を諸般の事情で先送りしたので、選択肢がほとんどなかったのだ。

原作は「スピリッツ」で連載中で、この作品の元ネタとなった「チャイニーズマフィア編」も読んでいた。
原作も独特の絵柄と主人公玲二のムチャな活躍でそこそこ楽しめているが、映画シリーズはクドカンが脚本を担当しているためギャグ満載の展開となっている。
前作もかなり笑えたが、今回も笑わせてもらった。

前作で、関西蜂乃巣会と五分の杯を交わす事になったクレージーパピヨンこと日浦匡也(堤真一)は、数奇矢会の直参となり日浦組を立ち上げる事になった。
日浦と兄弟の杯を交わしていた玲二(生田斗真)も活躍が認められ、数奇矢会会長轟周宝(岩城滉一)のボディーガードを務める事になった。
同時に周宝の妻(鈴木砂羽)と娘の迦蓮(本田翼)の警護も任される事になった。

しかし迦蓮は、元数奇矢会幹部の桜罵百治(古田新太)に拉致されてしまう。
百治は周宝に嵌められて破門になっていたため周宝を恨んでおり、現在は中国マフィア仙骨竜と手を組んで糊口をしのいでいた。
迦蓮もそのルートで香港で売り飛ばそうと考えていたのだ。
玲二は迦蓮を護れなかった失態の責任を取るために、救出に向かう。
しかし百治は警視庁のエリート兜真矢(瑛太)の後ろ盾を得ており、玲二は救出直後に仙骨竜の殺し屋胡蜂(菜々緒 )に迦蓮を再度拉致されてしまった。
玲二と日浦は小型機で香港の人身売買会場に乗り込み、迦蓮奪還を試みる。

アクションもなかなか派手で、ギャグも笑わせてくれる。
基本的には及第点なのだが、兜真矢が玲二を狙う同期を中途半端に描いたのはやや饒舌だったか。

たしか原作は上海が舞台で、ラストも兜真矢との戦いではなく仙骨竜のボスとの戦いだったんじゃないかと思う。
悪くない作りなので、全編あり得ない展開と笑いで押し切ればよかったのに、胡蜂の子ども時代も含めて強引にお涙ちょうだいのエピソードを入れた事で、逆に作品全体が安っぽくなってしまった。
その部分は残念だった。


1.土竜の唄 香港狂騒曲

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9


第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by ksato1 | 2017-01-07 16:47 | 映画 | Comments(0)