「湯を沸かすほどの熱い愛」

こんこんと湧き出る泉のように、愛情にあふれた映画だ。

幸野双葉(宮沢りえ)は娘の安澄(杉咲花)と二人暮らし。
数年前までは銭湯を営んでいたのだが、夫の一浩 (オダギリジョー)が失踪して以来銭湯は休み、自身はパン屋で働いていた。
だがある日店で倒れて病院に運ばれ、そこでガンに侵されており余命数か月と宣告される。

安澄は高校でイジメにあっており、あまり学校に行きたがらない。
そんな安澄の背中を双葉が一生懸命押し、なんとか学校に通わせていたのだが、ある日酷いイジメが起きてしまう。
それでも双葉の愛情により、安澄はイジメを克服し、学校に通うようになった。

残された時間が少ない双葉は、安澄のために一浩を捜す。
一浩は隣町で暮らしている事がわかり、双葉がその部屋に行ってみると、小学生の女の子が一緒に暮らしていた。
かつて一度だけ浮気をした相手に、あなたの子どもと言われ、その子を押しつけられていたのだ。
不器用なくせに甲斐甲斐しく女の子の面倒を見ている一浩を、双葉は強く責める事ができなかった。
一浩は女の子と一緒に銭湯に戻った。

女の子は鮎子という名前で、周りの大人を信用していなかった。
再開した銭湯の番台からたびたび小銭をくすねていたのだが、その理由は、次の誕生日までに母親が迎えに来てくれると言う約束を信じており、一浩と一緒に暮らしていた部屋に戻る交通費が必要だったからだ。
誕生日に鮎子はいなくなるが、双葉と安澄が元住んでいた部屋まで迎えに行くのだった。

その事件が逆に功を奏し、4人は本当の親子のように暮らし始める。
しかし双葉の病気は徐々に進行していった。
双葉は二人の子どもに話をするために、一浩を置いて3人で静岡に旅行に行く事にした。
静岡には、毎年カニを送ってくれる酒巻君江が住んでいた。

旅の途中のPAで、3人はヒッチハイクで旅する向井拓海(松坂桃李)と知り合う。
拓海は悪い男ではなかったが、建設業を営み妻を3人も取りかえる父に嫌悪感を抱いており、半ば家出のように放浪をしていた。
そんな甘ったれた拓海を、双葉は厳しくたしなめる。

目的地近くで拓海と別れた3人は、箱根に宿を取った。
夜、双葉はトイレで激しく吐血するが、安澄と鮎子は気付かない。
翌日、3人はカニを食べに行くのだが、双葉はその店の従業員こそが酒巻君江だと安澄に告げる。

この秋公開の、夫婦のうちどちらかが病気で死ぬ映画2本のうちの1本だ。
こちらはTVCMもほとんどないためあまり知られていないが、憎らしいぐらいに感動が埋め込まれた作品になっている。

とにかく、双葉の愛情の深さに泣けてくる。
そんな愛情深い双葉も決して聖人君子などではなく、2度ほど感情をさらけ出すシーンがある。
そのさらけ出し方のさじ加減も抜群だ。

一浩も女にだらしないだけの人間ではなく、不器用でとても優しい男である。
双葉が彼を愛した理由も、ストーリーが進むごとにだんだんとわかってくる。
そして娘二人もそれぞれの年頃なりの悩みを抱えるが、それに対して双葉は正面から抱きとめる。

監督の中野量太と言う人は、これが初めての商業ベースの長編映画のようだ。
最初にして最高作品になる可能性もあるが、現段階では才能を高く評価せざるを得ない。
脚本もキャスティングも素晴らしく、かつ、子役を含めてそれぞれの演技力を最大限に引き出す演出がなされている。
細部にも気が配られていて、例えばこの状況は小学生の鮎子には見せたくないな、と思うシーンには、彼女は登場していない。
一歩間違えれば「感動の押し売り」作品になりかねないのだが、宮沢りえとオダギリジョーの抑えた優しい演技、そして杉咲花と子役の伊東蒼の真っ直ぐな演技が、この作品からすべてのケレンを取り除いている。

世間ではあまり話題になっていないが、いくつかの映画賞で宮沢りえが主演女優賞、杉咲花が助演女優賞を受賞するのは間違いなく、新人監督だが作品賞、監督賞を受賞してもまったくおかしくない。
すでに上映回数が減ってきているが、必見の映画である。


84.湯を沸かすほどの熱い愛


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2016-11-07 23:42 | 映画 | Comments(0)