「SCOOP!」

原作はかつて原田眞人が撮ったテレビドラマで、監督は大根仁。
正直どちらもあまり好きな監督ではないのであまり期待しないで観に行ったのだが、予想以上に良い仕上がりの映画であった。

都城静(福山雅治)はかつてスクープ写真を連発した凄腕のカメラマンだった。
だが今はスキャンダル写真をゴシップ誌に売って糊口を凌いでいる。
かつて社員として所属していた写真週刊誌「SCOOP!」の副編集長、横川定子(吉田羊)から専属の話を持ちかけられるが、それは新人記者の行川野火(二階堂ふみ)と組む事が条件になっていた。
静は断ろうとするのだが、高額なギャラを条件提示され渋々野火を引き受ける事にする。

野火は元々ファッション誌の編集に憧れて入社していた。
そのため、夜討朝駆けのゴシップ記事取材になかなか慣れる事ができない。
しかし、トップアイドル同士の密会、代議士と人気キャスターの不倫など、スクープを抜いて本の売り上げが上がると、次第にやりがいを持てるようになっていった。
だが、元々が真面目な性格である野火には、静の行動にどうしても理解できない部分がある。
その一つが、怪しい男チャラ源(リリー・フランキー)との付き合いだった。
チャラ源は古くからの静の友人で雀荘を経営しているようだが、本当の職業が何かはよくわからず、静に裏情報を提供したり、時には違法行為スレスレの取材の手助けもしてくれる。
仕事にチャラ源の協力が必要なのは理解していたが、野火は心の底でチャラ源をよく思っていなかった。
静はデリカシーがなく、常に下品な下ネタばかりを連発する部分も許せない部分であった。

しかしそんな二人だが、仕事を重ねるごとに絆を強め、次々とスクープを抜いていく。
そして定子が、連続レイプ殺人事件の犯人が現場検証をする際に、その顔写真を撮るように依頼してきた。
静は定子の依頼を断るのだが、定子は担当編集者の野火に、静に写真を撮らせるよう命令をした。

映画を観る前の想像は、福山自身が写真を撮っていることもあり、オシャレっちぃ業界モノで、カッコいいカメラマンがヒーローのように活躍する映画と思っていた。
しかし実際にはまったく異なる骨太な映画だった。

まず、福山雅治の見た目がすこぶるカッコ悪い。
無精ひげを生やしている上、服の上からでも不摂生で肉がたるんでいるように見える。
顔立ちは仕方ないが、それ以外の見た目は典型的な「汚いオッサン」である。
そして、カメラマンという職業への矜持を持っている。
途中、かつて一緒に仕事をし、現在は文芸誌の編集長をやっている男から、「巻頭のグラビア」をやらないかと持ちかけられる。
しかし静は半ばチャラけながら、その誘いを断る。
そこには、屋内ではなく現場での撮影への強いこだわりがあった。

周りの編集者たちの気持ちも強い。
自分たちが取り上げるべき内容はなんなのか、読者はどんな記事を読みたいのかなどを、各人が常に考えており、圧力が掛って記事が握りつぶされた時の忸怩たる思いも伝わってくる。

一つ一つのエピソードはやや荒唐無稽な部分もあるが、一人ひとりの強い思いがあるので、全体に一本筋が通った作品になっている。
福山雅治と二階堂ふみだけではなく、吉田羊、滝藤賢一、そしてリリー・フランキーの熱演も素晴らしかった。

おそらく、福山雅治ファンが汚い福山を観て幻滅したためあまり話題になっていないと思われるが、映画としてはなかなか完成度の高い作品になっていると思う。
少なくとも個人的には、同じ大根作品の「モテキ」と比べると段違いに面白い映画だと思った。


79.SCOOP!


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2016-11-02 23:08 | 映画 | Comments(0)