「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」

時間がなかったので前作を復習せずに観に行ったら、人間関係がよくわからずイマイチな感想になってしまった。

前作で見事サディアス(モーガン・フリーマン)に復讐を果たしたディラン(マーク・ラファロ)とフォー・ホースメンたちは1年後、企業の不正を暴こうとしていた。
しかし天才ハッカーであるウォルター(ダニエル・ラドクリフ)にはめられ計画は失敗、ディランはホースメンと関連がある事を暴露され、フォー・ホースメンはマカオに送られてしまう。
ウォルターはホースメンに、世界中のコンピュータにハッキングできるチップを盗むように依頼、他のメンバーが拒否をするなか、ダニエルがその仕事を受けてしまう。
一方ディランは、獄中からサディアスを助け出し、ホースメン救出のためにマカオに向かう。

若干ネタバレになってしまうが、このシリーズのキモはディランとサディアスの関係だ。
この部分をすっかり忘れていたので、最後にネタ証しがされるまで、何が何やらよくわからずモヤモヤした状態が続いた。
この映画を観るならば、前作をきちんと復讐するべきだった。

ただ、マジックというか、ホースメンのトリッキーな動きは素晴らしい。
この後も続編が作られる可能性が高いが、その場合はもう一度1、2を復習してから観に行く事にしよう。



64.グランド・イリュージョン 見破られたトリック

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]