「ゴーストバスターズ(1984年版)」

新作を観る前に、復習のつもりで地上波放送を録画して見た。
ただ、記憶と異なる内容だったので、他の映画と勘違いしていたのかもしれない。
メインは、地下鉄内でゴースト退治するシーンだったように記憶していたのだけども・・・。

ピーター・ヴェンクマン(ビル・マーレイ)、レイモンド・スタンツ(ダン・エイクロイド)、イゴン・スペングラー(ハロルド・ライミス)の3人は、コロンビア大学で超常現象の研究をしていた。
ある日、NY市立図書館の地下に幽霊が現れ、彼らに調査の依頼が入る。
駆け付けた3人が見た物はまさに幽霊!
捕獲には失敗したものの手応えを感じた3人は、意気揚々と研究室に引き上げてきた。
しかし彼らを待ち受けていたのは、研究打ち切りの大学の決定だった。

大学から放り出された3人は、ゴースト退治の会社「ゴーストバスターズ」を設立する。
最初の依頼は、ディナ・バレット(シガニー・ウィーバー)だった。
彼女が買い物から部屋に帰ると、冷蔵庫の中に謎の空間と化物が存在していたと言うのだ。
ピーターが調査に向かったが、そこには大きな異変はなかった。

ディナの部屋は空振りだったが、その後3人は高級ホテルでゴースト退治をして名を馳せる。
NY各所にゴーストが出現したため彼らの出動も増え、ゴーストバスターズは大繁盛だった。
そこで新たにウィンストン(アーニー・ハドソン)を採用した。
だがそんなゴーストバスターズに目を付けたのが、市の環境保護局局長ウォルターだ。
彼はゴーストバスターズの行為が環境破壊している疑いがあると言い、オフィス内のゴースト保管庫を見せろと言いだした。
一度は門前払いを食うが、ウォルターは令状を持って再来し、強引にゴースト保管庫の電源を落とす。
すると保管庫が破裂して捕まえたゴーストがすべて逃げてしまった。
3人は爆発物所持の容疑で逮捕されてしまう。

一方その件とは別に、ディナの部屋の化物が行動を起こしていた。
化物は自ら「門の神ズール」と名乗ってディナの体を乗っ取り、「鍵の神ビンツ」の到着を待っていた。
やがてディナの向かいの部屋に住むルイスの体を乗っ取った「鍵の神ビンツ」が現れ、二人の神は「破壊神ゴーザ」を呼び出した。
「破壊神ゴーザ」と逃げ出したゴーストたちにより、NYはメチャクチャになってしまう。


個人的には80年代が一番いい時代だったと思うが、その古き良き80年代が表現された映画だ。
マイケル・ジャクソンの「スリラー」以降MPVが大流行し、この映画でもところどころMPV風に役者が歌いながら演技をしている。
レイ・パーカー・Jrが歌う主題歌も、今聞いても心地いい。

最新作の評判は今一つのようだが、そもそもが続編として構想され、制作総指揮にダン・エイクロイドが名前を連ねている事もあるので、個人的には期待したい。



61.ゴーストバスターズ(1984年版)



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]