「葛城事件」

無差別殺人事件の加害者家族をテーマにした作品だ。
時系列の整理の仕方が巧く、映画としては手堅くまとまった作品である。

葛城清(三浦友和)は自宅の塀の落書きをペンキで消していた。
次男の稔(若葉竜也)が無差別殺人事件を起こしたため、非難をする落書きが後を絶たないのだ。
そして、次男と獄中結婚をすると言う女、星野順子(田中麗奈)が現れる。
彼女は死刑廃止を訴えており、稔とコミュニケーションを取ることにより、死刑が無意味であることを見い出そうとしているのだ。

清は、親から受け継いだ金物屋を営む平凡な男だった。
しかしやたらとプライドが高く、家族や周りの者に対して高圧的に接する事が多かった。
飲食店で出てきた料理にネチネチと因縁を付ける事もあった。

二人の子どものうち長男の保(新井浩文)は、さらに平凡に育って社会人となっていた。
だが営業成績が振るわず、二人目の子どもが生まれる時に会社をクビになってしまう。
保は妻にもその事を言いだせないでいた。

次男の稔はいわゆる中二病の引きこもりだった。
大学受験に失敗した事も、仕事が見つからない事も全部人のせいにして、家族や他人を見下し、自分は人生で一発逆転してやると言うのが口癖だった。

二人の子どもを育てた伸子(南果歩)は、夫と次男の仲が悪くなることを気に病んでいた。
高圧的な夫に対してはすでに愛情はなかったが、それでも家を出る勇気はなかった。
そんな状況が続き、伸子はついに稔と家を出る決意をする。
自分も仕事がないという状況の中、保は母と弟を探して居所を突き止め保に連絡をした。
連絡を受けて隠れ先に乗り込んだ清は、タオルで稔を絞め殺そうとする。
必死で伸子は止めるのだが、助かった稔は「別に俺は死んでも良かったんだけどね。まだこんな人生続けなきゃならないのかよ」とうそぶく。

そしてそのすぐ後、長男の保が自殺した。
通夜で自殺の事を噂する近所の手伝いの人たちに、「保は事故だったんだ、デマを広めるな」と高圧的に接する清。
誰にも相談せず高価な棺も発注していた。
通夜の祭壇に向かって稔は、「カッコわりー、俺はこんなカッコ悪い死にかたしないから」とつぶやいた。
伸子は保の妻を、なんで一緒に暮らしていたのに気付かなかったのかと責め、争いになる。

その後、稔は凶行に及んだ。

内容はかなり凄惨だ。

つまらない見栄ばかり張る父親、それについて何も言えず、さらに子どもにも何も言えない母親、父親同様にプライドばかり高く、結果が出ないことをすべて他人のせいにしてアイデンティティを保つ次男。
長男だけが唯一まともではあるが、リストラされて次の職を見つける事もできない。

一概に誰が悪いとは言えないが、稔が星野順子に自分の気持ちと思える部分を激白するシーンがある。
プライドはやたら高いのに十代、二十代で努力から逃げ、三十才手前で絶望して自暴自棄になり凶行に走る。
自分自身を冷静に分析しており、それで実際に凶行を行ったのであれば、親の責任ではなく本人の責任ではないかとも思う。
ただ、プライドが高くて他人を非難すると言うのは父親がずっと見せてきた態度であり、稔はその極みとも言える。
夫はともかくとして、子どもに甘くていいなりになっている母親も母親だ。

ストーリーは、大阪教育大学附属池田小事件を下敷きにしているらしい。
獄中の稔に反省の色がなく、終始自分の都合だけでわめき散らしているシーンを見ると、少なくとも稔のモデルは宅間守ではないかと思う。

被害者の目線は一切なく、加害者とその関係者の目線だけでまとめた作品という点では、これまでになかった作品と言えるだろう。
加害者の稔だけではなく、星野順子を含めた加害者の関係者もみんな、自分の都合しか考えていない。
そのため内容的にはまったく救いがない。

構成としてはまとまっているのだが、商業映画として評価していいかどうかは、判断が難しいところだ。


54.葛城事件



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]