「サウスポー」

かなり感動する作品かと思って期待して観に行ったのだが、思ったほどの感動作品ではなかった。

施設で育ったビリー(ジェイク・ギレンホール)は、ライトヘビー級の4つのベルトをすべて獲得しているボクシングの統一王者だ。
きちんとしたトレーナーに師事した事がない自己流ボクシングだが、殴り合いになると必ず勝つと言う派手なスタイルで、ファンからはビリー”ザ・グレート”・ホープと呼ばれていた。
性格は乱雑で大雑把だが、同じ施設で育った妻のモーリーン(レイチェル・マクアダムス)がすべての面でサポート、さらに一人娘にも恵まれ順風満帆な人生を送っていた。
しかしモーリーンは、年齢によりだんだん夫の無手勝流ボクシングが通用しなくなっている事に気付いており、無理に試合を組もうとするプロモーターの事をあまり信用していなかった。
妻の心配をよそに、常に攻撃的でブイブイ言わせているビリーとその取り巻き達。

ある防衛戦に勝利した後、ビリーは記者会見で若手の注目株ミゲル・エスコバルの挑発を受ける。
記者会見モーリーンの手前平静を装ったビリーだが、記者会見後にはプロモーターに「次はミゲルと戦わせろ!」と詰め寄った。

そして別の日、ビリーとモーリーンは自分たちが育った施設の寄付を集めるため、パーティーの席上でスピーチする事になった。
スピーチを終えて会場を出ようとすると、そこにミゲルと取り巻きたちが待ち構えていた。
相手にせずにその場を立ち去るようモーリーンに促されるが、ミゲルの「ベルトも女房も奪い取ってやる」という挑発に、ビリーは我を忘れて大暴れしてしまう。
その最中、その場にいた誰かが出した銃が誤射され、流れ弾がモーリーンに当たってしまう。
モーリーンは帰らぬ人となり、娘のレイラと二人になってしまったビリーは自暴自棄になり、何も手を付けられなくなってしまう。
毎日酒浸りの生活が続き、やがて貯金も底を尽く。
復帰戦のリングに上がるものの、トレーニング不足でかつ、いつもリングサイドにいたモーリーンがいない事で、格下相手にあっさり破れてしまう。
かつ、レフェリーに頭突きを喰らわしてケガを負わせた事で、1年間の出場停止処分となってしまった。
今後試合が組めなくなった事に腹を立てたプロモーターはビリーとの契約を解除、取り巻きたちも蜘蛛の子散らすように去って行った。
さらに、邸宅内で自動車事故を起こして病院に運ばれる。
裁判所はビリーが娘の面倒を見る事ができないと判断し、一人立ちができるまで娘を施設に預け、面会も自由にはできない処置を下した。

娘とやり直したいビリーは、下町にあるティック(フォレスト・ウィテカー)のボクシングジムの門を叩く。
ティックは、かつてビリーが八百長でやっと勝った相手を指導したトレーナーだ。
ビリーはその選手の実力は本物だと考え、立ち直るためにはティックの指導が不可欠だと考えたのだ。
しかし、ティックは過去の経験のためにプロボクシングとは一線を画し、アマチュアの指導しかしないと心に決めていた。
どうしても指導を受けたいビリーは粘り、ジムの掃除、そして許可があるまでグローブをはめないという条件を飲んで、ティックの指導を仰ぐ事にした。

ティックの指導は厳しかったが、ビリーは娘との生活を立て直すため、死に物狂いで練習に励む。
やがてチャリティーマッチの申し出が来て、ビリーはその試合に勝利する。
その試合を見ていたかつてのプロモーターが、ビリーに試合の申し出をしてきた。
その相手は因縁のミゲルだった。

ストーリーは「ロッキー」や「チャンプ」に近いかもしれない。
正直、全体のストーリーは既視感があり、娘との交流もややありきたりな感じがした。
だが、ジェイク・ギレンホールとフォレスト・ウィテカーの演技が良く、ボクシング映画としての良さが際立っていた。

ボクシング好きならそこそこ満足する映画、といった評価になるだろうか。

44.サウスポー


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]