「殿、利息でござる!」

「武士の家計簿」と同じ作者の原作と言う事で、期待して観に行った。
だが「武士の家計簿」とはかなり異なる、かなりストーリー性の高い作品になっていた。

江戸中期、仙台藩の吉岡宿は、宿場町全体で貧困に苦しんでいた。
元々小さな宿場町でほとんどの住民は兼農で商売を行っていたが、税金が重く、さらに参勤交代の時に隣の宿場町まで荷物を運ぶ伝馬役という労役が、住民の生活を圧迫していた。
そのため破産、夜逃げが相次ぎ、宿場町全体が縮小し続け、宿場町存続の危機が目の前に迫っていた。

そんな時、京都で茶の修行をしていた篤平治(瑛太)が吉岡宿に戻って来た。
故郷の危機を憂いた篤平治は、藩にお金を貸して、その金利を伝馬役の費用に充てようと思いつく。
早速造り酒屋の穀田屋十三郎(阿部サダヲ)に相談するが、必要な費用は千両、今の3億円である事がわかり、自らその案を取り下げる。
しかし十三郎は、望みを捨てていなかった。
まずは叔父の十兵衛(きたろう)、地域の取りまとめ役である肝煎りの幾右衛門(寺脇康文)、大肝煎りの千坂仲内(千葉雄大)を次々と仲間に引き入れる。
しかし、その者たちの持ち合わせをかき集めても千両には到底及ばない。
お上に知れれば処分の可能性もあるため内密に話を進めなければならないのだが、そこは小さな宿場町、噂が噂を呼んでその他にも出資者が集まって来た。
その中には十三郎の実の弟である甚内(妻夫木聡)もいた。

甚内は弟でありながら、家業の造り酒屋を継いでいた。
十三郎は兄でありながら、同じ宿場町の別の造り酒屋に養子に出されたのだ。
二人の父である先代の甚内(山崎努)は商売に非常に厳しい人で、並行して営む金貸業も高利かつ取り立てが厳しい事で有名だった。
そして当代の甚内も先代の言う事を忠実に守り、厳しい商売を行っていた。
人情家の十三郎は、そんな父と弟を芳しく思っていなかった。

だが当代の甚内が、皆の倍を出資すると言ってきた。
十三郎は甚内の行為が十三郎へのあて付け、もしくは何か企みがあると考えていた。
篤平治はそんな事はないと十三郎を説得するものの、十三郎はこの取り組みに興味を失いあまり顔を出さなくなってしまった。

そんな状況ではあったが、なんとか宿場町全体で千両に相当する五千貫目を集める事に成功した。
しかし仙台藩の財務を預かる出入司の萱場杢(松田龍平)は、住民のあくどい金貸しと判断して訴えを簡単に退けてしまう。
代官のプレッシャーに負けた大肝煎りの千坂は及び腰になってしまうが、篤平治は千坂を必死に説得して再度藩に掛け合ってもらおうとする。

ハッキリ言って、最初の訴えが退けられるまではやや退屈な展開だ。
篤平治と十三郎の発案から最初の訴えまで5年くらい経過しているのだが、その間それほど大きな苦難はない。
もちろんカネを集めるのに苦労はしているものの、企みがバレて代官の調べを受ける訳でもないし、あまりドキドキする展開にはなっていない。

だが、最初の訴えが退けられた後からの展開が、かなり泣かせる。
十三郎は父と弟がどうしても許せなかった。
しかし亡き父の深い考えを聞き、兄弟のわだかまりが解けて行く。
また、私財を投げ打つ踏ん切りがつかずに皆に責められる早坂屋新四郎(橋本一郎)のエピソードも、ラストへの布石に使っている。

どこまでが史実に忠実なのかわからないが、吉岡宿の住民の切実な思いが仙台藩主の心を動かした、そのエピソードをドラマチックに描いている。
ラスト1/3で一気に盛り上げる演出は、中村義洋ならではと言えるかもしれない。

ひょっとすると、何十年も後には陳腐な映画と評されているかもしれない。
しかしこんな時代だからこそ、滅私奉公で宿場町を建て直そうとする人々のアツい心意気が、じわじわと心に沁みてくる映画である。



39.殿、利息でござる!

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2016-05-30 06:28 | 映画 | Comments(0)