「ちはやふる~上の句~ 」

原作は少女マンガだし、所詮は広瀬すず人気に乗っかったアイドル映画だろうと高を括って観に行った。
しかし安っぽいアイドル映画ではなく、王道を行く一本筋の通った正統な青春映画だった。

綾瀬千早(広瀬すず)は子どものころから百人一首をたしなんでおり、入学した高校で競技かるた部を設立しようとしていた。
しかし巧く部員が集まらない。
そんな時、小学生の時に一緒にチームを組んでいた真島太一(野村周平)を学校内で発見し、無理やりかるた部に入部させる。
太一は最初は拒否していたが、実は千早を追い掛けてこの高校に入学していたのだ。
だが千早は、もう一人のチームのメンバーだった綿谷新(真剣佑)を尊敬していた。
それは恋心とは異なるものだったのかもしれないが、少なくとも太一の目には恋愛感情に映っていた。

新の祖父はかるたの永世名人で、新自身も小学生の時に何度も日本一に輝いていた。
しかし親の都合で、小学校のうちに福井に引っ越していた。
千早は、競技かるたの全国大会で新と再会することを目的に、部を設立したかったのだ。

学校には、やはり競技かるた経験者で、かつ新に次ぐ実力を持つ西田優征(矢本悠馬)も入学していた。
部の設立、および競技かるたの団体戦に出るためには5人必要で、残りの2人をなんとかあつめなければならない。
3人は校内を探して、和服をこよなく愛する呉服屋の娘の大江奏(上白石萌音)と、学年でトップクラスの成績を誇りまだ部に所属していなかった「机」こと駒野勉(森永悠希)スカウトする。

素人の2人を含めた5人はGWに合宿を敢行、途中で太一と西田は武者修行で北陸の大会に遠征をする。
その大会に参加していた新と再会、新は相変わらずの圧倒的な強さで西田を降し、優勝した。
新は太一に携帯の番号を渡し、千早にも教えてくれと告げるが、太一は躊躇して番号を千早に教えなかった。

太一は自他共に認める、かるたの神様に見放された男であった。
競技かるたには、自分と相手とも残り1枚となる「運命戦」がある。
自分の手元の札が読まれればほぼ勝ちとなり、勝負はどちらの札が読まれるか、時の運なのだが、太一はこの「運命戦」で自分の札が読まれることがなく必ず負けていたのだ。
太一自身はその原因は、以前新と対戦した時に新のメガネを隠した事が原因だと思っていた。
ズルをした事がかるたの神様の怒りを買い、そこから勝てなくなったと思いこんでいた。
そんな事もあり、太一は新に対して様々な引け目を感じていたのだ。

一方東京に残った千早は、東京予選を連勝中の強豪北央学園のエース須藤と模擬対戦を行っていた。
しかしそこで完敗、自信を失ってしまう。
北陸で新に完敗した太一と西田、そして須藤に完敗した千早は、合宿後やる気を失っていた。
そんな3人を救ったのが机だった。
彼は部員全員の特性をアプリにしてわかりやすく解説、5人はそれぞれ目的を持って都大会を目指した。

都大会の予選リーグ3戦は、太一、西田、千早の活躍で全勝して決勝トーナメントに駒を進める。
奏も3戦の間に初勝利をあげていた。
だがここで西田が、準決勝は相手も強く、特にエースはA級選手なので確勝するためには、このエースに机を当て効率的にオーダーを組むべきだと主張。
太一と千早はこの西田の申し出に戸惑うが、偶然にも机はA級選手と当たってしまう事になる。
その結果太一たちは勝利を収め決勝進出をするのだが、戦略が巧く行って大はしゃぎする西田の横で、机が帰り支度を始めてしまう。
初心者なので負ける事は仕方がないが、あまりにもひどい仕打ちにプライドを大きく傷つけられたのだ。
決勝戦を前に、5人はバラバラになってしまう。

恋愛的な要素も強いのだが、基本的にはスポ根路線の青春映画である。
あるいは原作は、恋愛要素が強いのかもしれない。
しかし映画では、あくまでも競技かるたを映画の主軸に置いており、それが最後までブレない。
それぞれの中にある、かるた取りの技術に対する嫉妬、憧れ、挫折、傷つけられたプライドがきちんと描かれている。
5人のキャスティング、演技力も功を奏しているだろう。
しっかりしたスポ根要素の上に恋愛的要素を乗せているため、青春映画特有の青臭さがとても心地良い具合になっている。

それぞれの札の歌の解説もわかりやすい。
特に、歌への愛情が深い奏に解説をさせ、その際に鮮やかな色使いのCGを入れている部分でも、制作者のこの映画に対する愛情を感じる。

クライマックスの直前、かるた会の主催者である原田(國村隼)が「運命戦」で勝てない太一に「神に見放されたとか運がないとか、そういうのはやれることをすべてやり尽くした人間のみが言える言葉じゃないだろうか。やり尽くしてない人間は『運がない』なんて言う資格はないと思う」、的な事を言うのだが、この言葉には本当に胸を撃たれた。
そしてクライマックスの都大会戦では、不覚にもいい年をして思いっきり5人に感情移入してしまっていた。

前半は、部員集めをする広瀬すずの可愛さが大爆発し、後半は競技かるたとしてきちんと盛り上げている。
馬鹿にして観に行ってごめんなさいと、素直に謝りたくなるほど完成度の高い映画だった。
後編の「下の句」も大期待である。


36.ちはやふる~上の句~


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]