「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」

封切り後に2週連続で興行収入1位を記録したが、それも頷ける作品だ。
ただ、ドラマシリーズの続編になるため、ドラマシリーズを見ていなかった人には細かい部分が伝わりづらいのが、唯一にして最大の難点でもある。

修学旅行中に戦国時代にタイムスリップしたサブロー(小栗旬)は、そこで自分そっくりの織田信長に出会う。
訳が分からないまま信長に後を託され、サブローはそのまま信長として戦国時代を生きる事になった。
ドラマでは、桶狭間から浅井・朝倉連合軍を打ち破ったところまで、そして映画では安土城完成から山崎の戦いまでが描かれている。

ドラマ版では、日本史の知識がまったくないサブローが織田信長になりかわり、戦国時代の常識とはかけ離れた人情味あふれる行動をしながら、次第に周りの家臣たちを感化していく。
ビビリで面倒くさいことから逃げたがる今風の高校生だが、自分よりも相手を思いやるシンプルな優しさを見せる事によって、みんながサブローの織田信長に惹かれ、やがてサブローを中心に戦のない世の中を作ろうと努力するのだ。
その部分がきちんと描かれていた。
そして映画版ではそのサブローの魅力を土台にし、明智光秀(小栗旬の二役)と羽柴秀吉(山田孝之)の深い思いで本能寺の変を描いている。

いいのか悪いのかは別として、最初から映画化までを視野に入れた構成であり、それがキッチリと機能している。
ドラマシリーズでサブローと家臣たちの距離感がどんどん縮まり、一方で本物の信長が光秀となって現れ、かつ秀吉が何かを目論んでいる事もだんだん明かされていく。
映画版ではドラマシリーズで謎だった部分のみに焦点を当て、一本の太いストーリーとして構成されている。
ただ、映画版で家臣の武将が誰なのかほとんど紹介されないなど、ドラマシリーズを見ていなかった人にはかなり不親切な部分も否めない。
とは言え、本能寺の変の秀吉と光秀(信長)が対峙するシーンは圧巻の一言、小栗旬と山田孝之の演技力をこれでもかと見せつけられた。

また史実と異なり、サブローと帰蝶(濃姫、柴咲コウ)の間が恋愛関係だった事も、ストーリー全体に強烈に効いている。
二人の間には子どもは一人もいないので、山崎の戦いの後の清州会議も存在しない事になる。
それ以外にも、秀吉は毛利攻めに行っていないので中国大返しもないのだが、ストーリーを面白くするために史実が変更され、それがすべて巧くハマっている。

ラストシーンは、このストーリー展開ならこれしかないと、誰もが簡単に想像できる王道な結末になっている。
それでもガッカリするどころか、観ていて感動と清々しさすら感じた。

脚本が良く、演出も良く、小栗旬、山田孝之、柴咲コウの主要キャストに加え、脇役もみんな素晴らしい演技をみせている。
ドラマシリーズの平均視聴率は12.5%で決して良かったとは言えないが、みんな録画してこのドラマを楽しみに見ていたのだろう。
だからこそ映画版は、2週連続で興行収入1位を記録したのだ。
自動で録画してくれるHDDレコーダーがこれだけ普及した現代、単純にTVの視聴率だけでは人気の尺度が測れないという事を、きちんと証明した作品とも言えるだろう。

いろいろな意味で、評価に値する作品である。



13.信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]