「杉原千畝 スギハラチウネ」

「日本のシンドラー」と呼ばれた杉原千畝の人生を綴った映画だ。
「シンドラーのリスト」のような感動巨編にしたかったのかもしれないが、ちょっと焦点の甘い作品になってしまった。

満州の学校でロシア語を学んだ杉原千畝(唐沢寿明)は、満洲国外交部の一員として諜報活動に暗躍していた。
杉原の希望は、明治維新以降の日本の脅威であったソ連(ロシア)の心臓部、モスクワで諜報活動を行う事であった。
だが満州国でソ連と北満州鉄道の譲渡交渉をするにあたり、関東軍の横暴で杉原は自分が立てた計画を潰されてしまう。
杉原は満州国での活動に限界を感じ、帰国するのであった。
帰国した杉原はモスクワの日本大使館勤務を命じられるが、北満州鉄道でのソ連とのいざこざが元で入国を拒否されてしまう。
日本で失意の日々を送る杉原を救ったのは、親友の菊池の妹幸子(小雪)だった。

昭和14年、ヒトラーが東欧に手を伸ばし始め、ヨーロッパ戦線は大戦直前の状態に陥っていた。
そんな中、杉原はリトアニアの領事館勤務を命じられる。
リトアニアでソ連の動きを探ると言う任務だった。
杉原はポーランド人スパイペシュを相棒とし、対ソ連の諜報活動を始めるのだった。

翌昭和15年、ソ連がバルト三国への進軍を開始した。
ソ連とドイツは東欧を2カ国で分ける密約を行っていたのだ。
ドイツ軍はポーランド、ルーマニア、オーストリアなどを占領、迫害されたユダヤ人が多数、杉原のいるリトアニアにも難民として流れ着いてた。
だが、ドイツと不可侵条約を結ぶソ連に占領をされた事で、リトアニアでもユダヤ人の迫害が起こる可能性が高い。
ユダヤ人たちは国外脱出のためのビザを求め、各国の大使館に詰め寄せる。
その一つ、オランダ領事館にもユダヤ人が押し寄せたが、すでにドイツの手に落ちていたオランダのビザを発行しても、ユダヤ人が出国できる見通しは無い。
だが領事代理のヤンは、オランダ領キュラソー島へ出国するためのビザを発給する。
キュラソー島に行くためのルートは、ソ連→日本→アメリカだ。

金品さえあればソ連を通過できる事を知ったユダヤ人たちは、今度は杉原のいる日本領事館に押しかけた。
その頃杉原は、駐ドイツ大使の大島(小日向文世)にドイツと手を組むことの危険性を、何度も説明しに行った。
しかし大島は、本国の意向を無視するわけにはいかないとの一点張りで、杉原の意見が聞き入れられる事はなかった。
リトアニアに帰国した杉原は、自分の無力さを感じずにはいられなかった。
そんな時、大使館前に詰め寄せるユダヤ人難民とオランダ領事代理のヤンの話を聞き、杉原はせめて自分のできる事がユダヤ人へのビザ発行であると考える。
杉原は少々問題のありそうなパスポートを持った親子にさえもビザを発行し、大量のユダヤ人がシベリア鉄道でウラジオストックに脱出できる事になった。
そして、ソ連軍が杉原にリトアニアからの退去命令を出したため杉原はリトアニアを離れるのだが、彼はビザ用の日本語の印を現地に残して、できるだけ多くの人にビザを発行するように告げた。

杉原はその後、東プロイセンに赴任を命じられる。
そこでも杉原はペシュとともに諜報活動を展開、ドイツ軍の動きからソ連への侵攻がある事を予測する。
その事を再び大島に告げるも、やはり大島は取り合わなかった。
やがて独ソが開戦、杉原の行動を監視していたゲシュタポは、杉原がソ連にドイツ軍の動きを漏らしたして国外退去を命じてきた。
杉原はドイツも追われ、ルーマニアに赴任する事になった。

かなり歴史を忠実に追った作品だ。
第二次世界大戦のきっかけは、明治維新以降の日本の対ロシア(ソ連)戦略が大きく起因している事、杉原の人生になぞらえて説明している。
杉原は諜報活動によりソ連およびドイツの暴走を的確に把握するものの、日本の指導者の判断ミスにより、日米開戦は避けられなくなってしまう。
ユダヤ人を救ったのは杉原だけではなく、本国の拒否を無視して、ウラジオストックで日本行きの船に難民を乗せた人たちがいた事を表現している部分も、評価できる。

ただ、杉原がドイツを去るクライマックスシーンが少々いただけない。
杉原の唐沢寿明は過剰とも言えるアツい演技を見せるが、台詞の重さがそれに伴っていない。
脚本がありふれた教条的な言葉の羅列のため、唐沢寿明の演技が空回りしているようにも見える。
必死に逃れようとするユダヤ人たちを見てきた杉原の、もっと心の底から湧き出るような台詞にしてもらいたかった。
杉原が連行される前の難民を救済しているのに対し、「シンドラーのリスト」が強制収容所の悲惨な状況をストレートに表現している。
映画として考えると、インパクトはどうしてもこの映画の方が弱くなるだろう。
その部分を補えるのは、戦争による難民の苦しみを実際に目の当たりにした杉原の言葉以外ないのだ。

史実に映画としての要素を付け加えるのは加減が難しいとは思うが、もう少し映画としてドラマティックに仕上げてもよかったんじゃないかと思う。


128.杉原千畝 スギハラチウネ


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]