「007 スカイフォール(再)」

007の新作の予習としてTVで放送された「007 スカイフォール」を見る。

ミッションに失敗したボンドたちは、NATO加盟国のスパイリストを奪われてしまう。
ボンドは負傷して行方不明、Mは退官を2カ月繰り上げられる事になるのだが、そんな折にMI6のネットワークがハッキングされ、さらにはオフィスが爆破されてしまう。
ボンドは負傷から復帰するものの、スパイとしての能力に疑問を持たれてしまう。
しかしMはそんなボンドに、名誉挽回のためにスパイリスト奪還の命をくだす。
ボンドは上海、次いでマカオに飛ぶのだが、そこで犯人であるシルヴァの真の目的がMへの復讐である事を知る。
シルヴァを捕獲してロンドンに戻るボンドたちだが、実はシルヴァの真の目的は、連行されてMI6に潜り込みMに直接復讐をする事であった。
その事に気付き、Mが襲撃される現場に駆け付けたボンドは、Mを連れて自分の生まれ故郷であるスカイフォールに身を隠した。

劇場公開時もよくわからなかったのだが、なぜ映画のタイトルがスカイフォールなのか、今回もよくわからなかった。
ボンドの生まれ故郷で、ボンドが幼少の頃に両親を亡くしているという事は語られるのだが、ストーリーを追っているだけでは、シルヴァの襲撃を迎え撃つために自分の生まれ故郷を選んだだけのように見える。
なぜ襲撃を迎え撃つために自分の生まれ故郷を選んだのか、その理由こそが「スカイフォール」と言うタイトルになった理由だと思うのだが、どうもそのあたりがよくわからない。

また、冒頭のトルコのアクションシーンが素晴らしいのに比べ、中盤の上海、マカオのアクションシーンがイマイチな感じである。
ストーリーの根幹を人間関係の部分に置いたため、あえてアクションシーンを抑えたのだと思うが、「007」シリーズであればアクションシーンも全開フルスロットルで展開して欲しかった。


127.007 スカイフォール(再)


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]