「マジック・イン・ムーンライト」

今回のギンレイは、時間がないのですでに観ている「バードマン」はスルーして、「マジック・イン・ムーンライト」だけ観た。

時代は1928年、中国系のマジシャン、ウェイ・リング・ソーの正体は、イギリス人のスタンリー・クロフォード(コリン・ファース)だった。
ある日彼は、マジシャン仲間のハワード(サイモン・マクバーニー)にコート・ダジュールに行こうと誘われる。
そこには霊能力者のソフィ(エマ・ストーン)がいて、どうしてもトリックを見破れず本物の霊能力者かもしれないと言うのだ。
スタンリーはハワードの話に興味を持ち、さらに自分の叔母も住んでいる事もあり、恋人とのバカンスをキャンセルしてコート・ダジュールに行く事にした。

ソフィとその母親は、アメリカ人の大金持ちであるキャトリッジ家の別荘に滞在していた。
キャトリッジ家の現在の当主であるグレースは、亡き夫を降臨してくれるソフィに絶大の信頼を置き、多額の寄付をしてソフィのために霊能力研究所を作る事を考えていた。
そして跡取りのブライスはソフィの美貌に夢中になり、彼女と結婚する事を考えている。
ブライスの妹のキャロラインとその夫がなんとか説得しようとするのだが、二人は聞く耳を持たない。
キャロラインたちは最初にハワードにトリックの暴露を依頼するが、ハワードの手に負えずにスタンリーの登場という事になった訳だった。

スタンリーはいろいろとトリックの可能性を探るのだが、ソフィと接触するたびに彼女はスタンリーが隠している事を次々と言いあててしまう。
ソフィがあまりにも見事に言い当てる事に、スタンリーは逆に猜疑心を強めるのだが、彼女のトリックを看破する事ができない。
それどころかスタンリー自身が、ソフィの美貌と人柄にどんどん惹かれ始めてしまう。

最初は敵対する関係にあった男女が恋に落ちると言う、比較的ありがちなラブコメディだ。
ただ、ウッディ・アレンが脚本と監督を担当しているだけに、軽快なテンポで楽しませてくれる。
ストーリーの展開も、スタートからほぼ予想が付くのだが、小気味のいい会話が続くので飽きさせない。

ただ、霊能力の秘密が明かされてから後の展開が、非常に重苦しい。
スタンリーとソフィ、そしてスタンリーと彼の叔母の会話が合わせて30分近く続く。
そのどちらも、言い訳めいた台詞ばかりだ。
せっかく途中まで面白い掛け合いが続き脚本の妙が光っているのに、一気に台無しになってしまう。

ラストもありきたりだが非常にいい落とし方になっているので、この会話部分だけをなんとかしていれば、もっと評価が上がっていたのではないかと思う。



96.マジック・イン・ムーンライト

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]