「ターミネーター:新起動/ジェニシス」

ここのところ、かつて人気であったシリーズのリブート作品が多いが、この作品もおそらく「ターミネーター」のリブート作品である。

「1」で1997年であった「審判の日」は、「2」のエピソードで2004年に延期され、「3」で実際に「審判の日」を迎えることになる。
そして「4」でジョン・コナー率いる人類は、見事スカイネットを破壊することに成功する。
さすがにここでシリーズも終了かと思いきや、本作品はこのスカイネットを破壊する日からスタートする。

他のチームがスカイネットにとどめを刺しに行っている時、ジョン・コナーとカイルはロスの収容所を攻撃していた。
ジョンは収容所の地下に、ターミネーターを過去に送りこむ転送機があることを知っていたのだ。
ジョンたちのチームは転送機を破壊すべく地下に乗りこんだが、間一髪遅く、最初のターミネーターは1984年に送りこまれてしまった。
幼少の頃、ジョン自らに命を救われていたカイルは、サラを護るべく過去に行く事を志願する。
転送機が動いて過去へ旅立つ瞬間、カイルは目の前のジョンが襲撃されているのを目撃してしまう。
すると、カイルの中に新たなる記憶が刻み込まれた。

1984年では、すでにT-800がサラを探し始めていた。
だがT-800はいきなりT-800そっくりのターミネーターに破壊されてしまう。
一方カイルも1984年に降り立つのだが、そこではT-1000型のターミネーターがカイルを待ちうけていた。
T-1000型にカイルが命を奪われそうになる瞬間、彼を救うためにサラとT-800のターミネーターが現れた。
1984年より9年も前に、サラを護るべくプログラミングされたT-800型ターミネーターが送りこまれていたのだ。
「1」ではカイルがT-800型からサラを護るのだが、本作品ではカイル、サラ、T-800型の3人(?)で、スカイネットの誕生を阻止すべく行動する。

ハッキリ言って、「1」~「3」までのエピソードはなかった事になっている。
その要因は、誰かがサラを護るべくプログラミングしたT-800型を1975年に送りこんだからなのだが、そこから歴史が変わってしまったのだ。
「2」で、歴史は変わる事は無く「審判の日」は延期されただけだと言い切っていたのに、結局根底から話が覆されてしまっている。
ただ、リブート作品だけに、これはこれでアリなのだろう。
その後もタイムトリップ物の最大の問題点、過去が変わってしまった場合の未来の扱いについて、パラレルワールド説を取る事もなく、「過去が変わっても未来は影響を受けない」と言い切っている。
その一方で、スカイネットを起動させない事で「審判の日」が回避されると言う前提で話が進んでいたりもする。
結局、過去の変更が未来に影響を与えるのか与えないのか、この作品では整合性が取られることがないのだが、実はそのあたりはあまり気にならない。
なぜなら登場人物たちも、過去を変えることで未来がどうなるのかわからないまま行動をし、さらに途中からはそんな細かい事考えてる余裕がなくなるほど、追う側も追われる側も切羽詰まった展開となるからだ。

ただどうしても気になるのが、転送機の仕組みである。
電子レンジ同様、生命体以外は磁気に激しく反応してしまうからという理由のため、転送機に入るときには誰もが服も身に付けずに素っ裸になる。
だが、そもそもターミネーターは外見は生命体のように見えて、中身はバリバリの金属である。
最初にシュワちゃんのT-800が裸で転送されているので、外側が生命体なら中が金属も転送できるのかと思いきや、そうでもないらしい。
さらに、液体金属製のT-1000は何度も転送されているし、本作品でも転送されているので、T-1000は人間に擬態している時は完全に生命体となって転送もOK、という事なのかと思いきや、こちらもそうではないらしく、実際T-1000はMRIに反応して引き付けられたりもしている。

T-800、T-1000が転送機に入れないことが映画を面白くする要素となっているのだが、一方で、じゃあどうやって過去に送りこまれたのか、が気になって仕方がない。
リブート作品なら次回作でそのあたりも説明してもらいたいものだが、この作品を観ている限りではちょっと難しそうだ。
結局最後までこの矛盾は無視されたままのような気もする。


71.ターミネーター:新起動/ジェニシス


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2015-07-15 22:42 | 映画 | Comments(0)