「トゥモローランド」

予告編に「トゥモローランドの秘密はここにある」的なセリフがあったので、世界各地のディズニーランドのトゥモローランドにつながる話かと思いきや、そうではなかった。

1964年のニューヨーク、田舎から出てきた少年フランク・ウォーカーの目的は、博覧会の発明コンテストだ。
フランクはロケットマンのように背中に背負って空を飛ぶボンベを発明コンテストに出品するが、受付審査で落選してしまう。
しかしそんなフランクの姿を見ていた少女アテナ(ラフィー・キャシディ)が、フランクに謎のピンバッジを渡した。
フランクはアテナから「自分の後を付いてくるように」と言われ、その通りイッツァ・スモールワールドに乗り込むアテナを追う。
すると、アトラクションの中でピンバッジが何かに反応し、フランクは謎の未来世界に入り込んでしまった。

時代は移って現代。
エディ・ニュートンは旧NASAのロケット打ち上げ施設の解体作業をしていた。
しかしエディの娘ケイシー(ブリット・ロバートソン)は宇宙に憧れており、夜な夜なこっそり解体現場に忍び込んで作業を妨害する。
ある日ケイシーの妨害作業が警備員に見つかってしまい彼女は警察に連行されてしまうのだが、保釈された時の荷物に謎のピンバッジがある事に気付いた。
ケイシーがそのピンバッジに触れると、不思議な世界が目の前に広がった。

ケイシーがピンバッジについてネットで調べると、映画のコレクターズショップが検索に引っかかってきた。
彼女がその店に訪れると、店員が「少女はどこにいるか」としつこく尋ねてくる。
ケイシーが不審に思って店を出ようとすると、店員が襲いかかってきた。
その瞬間、扉を破って少女が店内に侵入し、ケイシーを助け出した。
少女はアテナで、彼女はケイシーをフランクのもとに案内するのだった。

フランクとケイシーがトゥモローランドの謎を解明し、我々が住む世界の危機を救う物語だ。
トゥモローランドの世界観、フランクの発明品などが楽しく、観ていてワクワクさせられてしまう。
ストーリー中盤からの緊迫感もいい。
ただ、登場人物間の人間関係がちょっと希薄なような気もした。
そもそも登場人物の少ない映画ではあるが、せめてケイシーと父親、弟の人間関係くらいはもうちょっと深堀した方が、中盤の緊迫感もさらに盛り上がったんじゃないかと思う。

とは言え、近未来を語る映画としては、手堅くまとまった佳作である。


51.トゥモローランド


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2015-06-17 06:10 | 映画 | Comments(0)