「ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」

書籍でも評判だったし、映画の予告編やCMで大まかなストーリーはわかっていた。
それでもやっぱり見終わった後は感動した。
それは、この作品が単純に受験を頑張った女の子の物語ではなく、家族再生の物語だからである。

工藤さやか(有村架純)は名古屋の中高一貫お嬢様学校に通う高校生だったが、入学以降一度も勉強をした事がないため、成績が一番下のクラスに組み込まれていた。
なぜ彼女がそうなったのかと言うと、そもそも彼女は小学校時代いじめにあっており、それが原因で転校もしていたからだ。
しかし転校先でも状況は改善せず、母親(吉田羊)の勧めで現在の学校に入学したところ、そこで初めて親友と呼べる友だちができた。
母親は小学校時代にさやかが苦しんでいた事を知っていたため、さやかには決して無理を強いず自由にさせた。
その結果さやかはほぼ完全な落ちこぼれとなってしまい、母親は年に何度も学校から呼び出される事になる。
それでも母親はさやかに説教をするようなことはせず、彼女の意思を尊重していた。

だが高校2年の1学期、さやかは学校に喫煙がバレて無期停学処分になってしまう。
そのため付属の大学への進学は絶望的になるのだが、母親はさやかに外部受験を勧める。
取りあえず塾に通うと、そこにいたのは講師の坪田(伊藤淳史)だった。

坪田の熱心な教え方により、さやかは急速に学力を伸ばしていく。
しかしそんなさやかを、父親(田中哲司)は認めようとしなかった。
父親は自動車販売業を営んでいたが、かつて自分が野球をやっていた事もあり、さやかの弟が甲子園からプロ野球に進む道を夢見て自らリトルやシニアのチームのコーチを行っていた。
遠征用のチームバスまで提供するほどの、力の入れようである。
さやかと妹のまゆみには見向きもせず、いつも弟と二人で野球中心の生活を行っていた。

物語は、学校からも教師からも父親からも見放されていたさやかが、自分の理解者である母親、坪田の期待にこたえるべく、がむしゃらに受験勉強する話である。
だが、話の根底にあるのは工藤家の家族崩壊だ。
父と弟、母とさやかと妹の二グループに分かれ、食事すら別々である。
ところがさやかの受験と弟の野球の挫折が重なった事を契機に、家族がみんな自分の抱えていた悩みや不満をぶちまける。
そこから家族の再生が始まる。
そして、そんな家族が再生するために重要な役割を担っていたのが、吉田羊演じる母親だ。
父親が息子に稼ぎをつぎ込み家にほとんどカネを入れないため、娘二人の教育費は自らのパートで賄う。
それでも文句など言わない。
さやかが学校から何度呼び出されても、決してさやかを怒鳴るような事もない。
もちろんさやかの頑張りも素晴らしかったが、この母親の懐の深さがあったからこそ、この家族は再生できたと言えるだろう。

そして、そう思わせるストーリー展開も巧い。
話はほぼ時系列で流れるが、起承転結のメリハリがはっきりしている。
さやかが受験を始めるきっかけ、そこから彼女が学力を伸ばすシーン、そして壁にぶち当たった時に家族内の問題も噴出する。
ラストは誰もが望むハッピーエンドになるのだが、「起承転」までの見せ方が巧みなので、予想通りの結末を迎える事が、むしろ観ている者の満足感を高める結果となっている。

冒頭の小学校のシーンで、担任がさやかの母に向かって「長い物には巻かれろ」と言う。
小学校の教師が本当にそんな事を言うとは思えないが、それを聞いた母親が即座にさやかを転校させる事によって、母親がさやかに深い深い愛情を注いでいる事が表現できている。
おそらく、映画が始まって15分あたりのシーンだ。
その冒頭の15分で、ストーリーのキモをしっかりと押さえている。
またここそこで、さやかと父親も本当はお互いに愛情を持っているというシーンを差し込まれているが、その差し込み方も絶妙だ。

もちろん、有村架純の演技も素晴らしい。
無邪気で底抜けに明るい笑顔を見せる半面、母親への申し訳なさからの憂いの表情や、本当は父親と仲良くしたいと言う寂しげな表情まで、高校生の少女が見せる表情をすべて表現している。
有村架純を初めて見たのは「SPEC」だったが、それ以降、どんな役でも幅広い演技を見せてくれる。

出来もよく、内容的にも誰がいつ観ても安心して観られる作品である。
そう考えると、映画賞レースでもかなりいいところまで行きそうな気がする。
少なくとも私が今年これまで観た映画の中では、助演女優賞はこの映画の吉田羊が頭二つくらい抜けている感じである。


45.ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2015-05-28 06:52 | 映画 | Comments(0)