「エイプリルフールズ」

タイトル、予告編から想像して笑わすだけの軽い映画かと思いきや、複数のエピソードをつなげたしっかりした作品だった。

コミュニティ障害の女新田あゆみ(戸田恵梨香)は、女に手の早い医者牧野亘(松坂桃李)の子を身ごもっていた。
その事を告げようと携帯を鳴らすが、牧野はなかなか電話に出ない。
あゆみは牧野が横浜のイタ飯屋に居ることを突き止め、そこに乗りこんでいく。

小学生の江藤理香(浜辺美波)は、登校途中に突然誘拐されてしまう。
だが誘拐犯の宇田川勇司(寺島進)と舎弟(高橋努)は、理香を連れまわすだけで身代金を要求する素振りを見せない。

ハイヤーの運転手(滝藤賢一)は、乗せた夫妻がなんと皇族である事がわかった。
粗相のないように慌てふためく運転手。
夫婦から、せっかくなので運転手さんの行きつけの店に連れて行って、と言われ、行きつけのハンバーガーショップを訪れた。

引きこもりの中学生(浦上晟周)は、ネットの書き込みを読んで、自分が宇宙からやってきたスペースノイドであると思いこむ。

イタ飯屋のオーナーシェフの親友の刑事(高嶋政伸)は、インチキ霊能力者(りりィ)をしょっぴいて、取り調べを行っていた。

4/1に、パラレルで発生したこれらのエピソードが、ストーリーの中でうまく絡みあって行く。
皇族夫妻のエピソードなど、時間軸がやや強引なエピソードもあるが、各エピソード間のつなげ方が巧みだ。

また、役者陣も実力派を揃えている。
特に主役の二人はスゴイ。
戸田恵梨香は、いろいろと言われているがやっぱり演技は巧い。
コミュニティ障害の女性と言う難しい役どころも、違和感なく演じていた。
松坂桃李もこれまでは優等生のイメージが強かったが、女の敵、男のクズが板に付いていた。
冒頭、後ろ姿だがヌードシーンも見せており、今までのイメージとかなり異なった役どころとなっている。

それと、特筆すべきは菜々緒だ。
TVドラマの「ファースト・クラス」でもかなりの演技力を見せていたが、今回もなかなか奥の深い演技を見せている。
おそらく、日本アカデミー賞新人賞を受賞するのではないだろうか。

それ以外の役者については、正直意外性はなかった。
だいたい、その役者のイメージ通りの役どころである。
ただ、イメージ通りの役どころをすべての役者が期待通りか、それ以上に演じている。

ストーリー全体の2/3までは笑いの連続、かなりベタな笑いで展開が想像できてしまうのだが、間合いの演出の巧さと演技力で笑わされてしまう。
そしてラスト1/3は泣かせの連続だ。

中でも、寺島進には本当に泣かされてしまった。
不器用な若頭役なのだが、舎弟が心酔するのも納得するほどのカッコよさを見せてくれる。

今年の邦画の中でも、個人的には1、2位を争うレベルの作品である。
ファミリー向けとは言えないが、大人なら老若男女を問わずおススメの作品である。


27.エイプリルフールズ


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2015-04-05 16:18 | 映画 | Comments(0)