「アビス」

ジェームズ・キャメロンが監督し、アカデミー視覚効果賞を受賞しているだけあって、25年以上前の作品だが非常に見応えのある作品だった。
ただ、ラストだけはいただけなかった。

アメリカの原子力潜水艦が深海で未確認の高速物体を補足するが、その物体の影響でコントロールを失い座礁、艦内で発火してしまう。
すぐに緊急信号が送られ米軍のSEALSが救助に向かうが、折しも大型のハリケーンが近付いており本格的な救助機材を現地に送ることができない。
そこで米軍は、その近海で海底油田を発掘している民間企業のチームに援助を依頼した。

海底油田で働くメンバーは一癖も二癖もある者ばかりだ。
そのチームをまとめるのがバッド(エド・ハリス)だった。
チームはSEALSの隊員と合流し、原潜が連絡を絶った海域に到着する。
艦内はすでに浸水しており、生存者はいなかった。
SEALSのメンバーは原潜がソ連の原潜に攻撃を受けたと判断、ソ連の原潜が沈没した艦とミサイルを回収する事を恐れ、残されたミサイルを使って艦を爆発しようとしていた。
だが、原潜が沈没する原因となったのはソ連の原潜ではなく、深海に生息する未知の異星人によるものだった。

かつてバッドと結婚し、かつ油田掘削の母艦リグの設計者であるリンジー(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)は、沈没艦の調査中偶然未知の生物と遭遇していた。
未知の生物は人類を攻撃する目的を持っていなかったが、彼らが乗船している艦は近くを通過するだけで電子機器に影響を与えるため、アメリカの原潜は計器の故障を起こして沈没したのだった。

リンジーはソ連の原潜が原因でないことをSEALSのメンバーに説明するものの、彼らは上層部の命令に従うだけだった。
そして油田掘削チームとSEALSのメンバーが揉めている最中にハリケーンが激しくなり、海面に浮かんでいた連絡船のクレーンが強風であおられ、海中のバッド達の頭上に高速で落下してきた。
クレーンの直撃は免れるものの、ケーブルに引っ張られてリグは大破、メンバーの半分が犠牲になってしまう。
残されたSEALSのコフィ大尉(マイケル・ビーン)はパニックに陥り、一人で核弾頭を使用して沈没艦を爆破しようとする。
暴走するコフィ大尉を他のメンバーが止めようとするが、訓練された大尉を止める事は至難の技だった。
結果、核爆弾は海溝の奥深くに落ちてしまう。
核爆弾の信管を切断するために、バッドは片道分だけの酸素を背負い海溝に潜る事になった。

ストーリーの構成は3部に分かれている。
前半のクライマックスは、沈没した原潜を調べている最中にクレーンが落ちてくるシーンだ。
逃げ場のない深海での緊迫感は素晴らしく、正統派のパニック映画と言えるだろう。
続くコフィ大尉の暴走を止めるシーンは、正統派アクション映画として遜色ない。
最後はバッドが死を覚悟して深海に潜る、ヒューマン映画になっている。

どれもきちんとした構成で非常に見応えがあったのだが、ラストでズッこけた。
もう25年以上前に公開された映画なのでネタバレしても問題ないと思うが、死んだと思われたバッドが深海の異星人に救われて生還する。
異星人はリグの中に触手の形をした水で浸入するなど、ストーリーの途中途中で姿を見せるのだが、その段階では敵か味方かわからない見せ方になっている。
それなのに終盤でいきなりストーリーの中央に割り込んできて、世界中に300mの大津波を起こして人類を滅亡させようとする。
ところがその大津波も、バッドがリンジーに最後に送ったメッセージを見て異性人は感動し、大津波をあっさり引っ込めて人類は救われてしまう。
なんとも安っぽい展開だ。

この結末ならば、バッドが誰かに助けられたという痕跡だけ残して異星人の正体もまったく明かさず、リンジーたちが「バッドはどこかで必ず生きている」と言う結末の方が説得力があったと思う。

完全版は3時間近い作品で、2時間半までは手に汗握りながら見ていたが、残り30分で後ろにひっくり返りそうになった。


11.アビス(完全版)


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2015-02-11 18:09 | 映画 | Comments(0)