「ルパン三世 カリオストロの城」

だいぶ間が空いてしまったが、TV放送された「カリオストロの城」を見る。
もう何回見たかも覚えていない。
そして何回見ても、最初から最後まで画面に釘付けにされてしまう。
すでに制作されてから35年が経過するが、現在でもまったく色褪せない作品である。

その要因をいろいろと考えてみたが、一番はやはりクラリスのキャラ設定だろう。
ルパン、次元、五右衛門、銭型、そして峰不二子までが、ピュアなクラリスに感化され、損得抜きで彼女を救い出す事に尽力する。
クラリスのピュアな設定がまったくブレないため、彼女を中心にしてその他のキャラが全員生き生きと動いているのだ。
よく人気小説や漫画の作者が、「登場人物のキャラ設定をきちんとすれば、ストーリーは自然に面白く動き出す」という事を言っている。
まさにその見本のような作品だろう。

また、大野雄二の音楽も大きな要素だ。
脚本自体も無駄なシーンがなくテンポがいいが、効果音やBGMがさらにストーリーにテンポを生んでいる。
秀逸な効果音なので、今でもいろいろな番組でこの効果音が使われていたりする。

作品中に出てくるギア、アイテムもオーソドックスな物ばかりで、その時代の最新兵器などは使っていない。
武器で言えば迫撃砲やバズーカ、小道具はリールやテグス糸などである。
そう言う部分が、逆に何年経っても作品に古臭さを感じさせないのだろう。

宮崎駿ならではの構図、カット割りではあるが、逆にこの頃の方が大胆な構図を多用しているような気もするが、冒険作品であるルパンならその方が面白いだろう。
現在は、宮崎駿作品は後期の方が評価が高いが、100年後には宮崎作品の原点である「カリオストロの城」が一番評価が高くなっているような気もする。


8.ルパン三世 カリオストロの城(再)


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2015-01-26 21:34 | 映画 | Comments(0)