「ベイマックス」

原題は「Big Hero 6」でヒーロー物だという事は聞いていたが、ディズニー映画の中でもかなり良質なヒーロー映画である。

舞台はサンフランソウキョウ。
ヒロは14歳で高校を卒業する天才だったが、違法のロボットバトルでカネを稼ぐことに興味を持っていた。
大学でロボット工学を学ぶ兄のタダシは、ヒロの才能を惜しみ大学に誘うため、ヒロを大学に連れて行く。
そこにはタダシの友人が面白い技術を研究しており、さらにヒロが尊敬するキャラハン教授に会う事もできた。
一躍、大学に興味を持つヒロ。
大学の発表会で自分の研究マイクロボットを披露し、大学の入学許可を得る事を目標にし始めた。
ヒロはタダシと友人たちの協力もあり、無事キャラハン教授に大学入学を認めてもらえるのだが、発表会の会場が謎の爆発事故を起こしてしまい、タダシとキャラハン教授が死んでしまう。
大切な兄を失って、ヒロは大学に行く気力も無くして失意の日々を過ごしていた。

そんな時、タダシが開発したケアロボットであるベイマックスが起動する。
そしてベイマックスがヒロを気遣っている最中に、ヒロは爆発で焼失したと思っていたマイクロボットがひとつポケットに残っている事に気付く。
マイクロボットが不思議な動きをするため、ベイマックスはその動きに合わせてどこかに出かけてしまう。
慌ててヒロがベイマックスを追うと、街外れの倉庫で焼失したはずのマイクロボットが大量生産されていた。

日本版の予告編では、ヒロがなぜケアロボットのベイマックスにプロテクターを付けるのか、まったく説明されていなかった。
そして仲間となるタダシの友達4人もまったく出てこない。
なので、ヒロとベイマックスの心温まるストーリーだけで構成されているのかと思いきや、そうではない。
ヒロが兄の死亡事故の謎を解くため、兄の仲間たち、そしてベイマックスの5人+1体で、死亡事故を引き起こした犯人と戦うストーリーである。

ここで重要なのが、ベイマックスのキャラ設定である。
ベイマックスはケアロボット、だから当然感情はない。
ロボットなのにやたら正義感が強いアトムや、どら焼きの誘惑にあっさり負けてしまうドラえもんのような感情は一切持ち合わせていないのだ。
そこが素晴らしい。
ベイマックスはあくまでもプログラム通りに行動する。
しかし時折ヒロに「それはケアロボットに必要でしょうか?」と質問をする。
このタイミングが絶妙だ。
ベイマックスが変に正義感が強かったりしないので、ストーリー全体が説教くさくならないのだが、それでいてベイマックスが本来取るべき行動が何なのかを、しっかり軌道修正する。
兄の敵を討ちたいがためにヒロは暴走しがちになるのだが、そこを説教をせずしっかり修正してくれる。
まさにケアロボットだ。

劇場は当然子どもも多く、この手の映画はたいていエンドロールになると子どもが飽きて大騒ぎするのだが、この映画に関しては劇場が明るくなるまで声を出した子どもはたった一人、しかもかなり小さい子だけだった。
明るくなった途端に一気に劇場には子どもの声が響きだしたが、それだけ巧みなストーリー展開で、子どもたちを夢中にしていたのだろう。
もちろん笑いの部分もしっかり押さえられており、そのシーンでは子どもたちの笑い声が響いていた。
さすがに「トイ・ストーリー」「WALL・E/ウォーリー」を手掛けたジョン・ラセターが製作総指揮を担当しているだけの事はある。
誰にでも自信を持ってお勧めできる良作だ。

ラストでこの後の布石となりそうなシーンもあったし、まだまだ一人ひとりのキャラを深堀すればいくらでもストーリーが作れそうである。
ぜひ、「トイ・ストーリー」以上の息の長いシリーズ作品にしてほしい。

最近のお正月のディズニー映画恒例のショートムービー「愛犬とごちそう」も、なかなか良い出来であった。


5.ベイマックス



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]