ダービー

NHKマイルCとヴィクトリアマイルは前残り、オークスは差しが決まると馬場と展開読みは当たったものの、ハープスターが落鉄寸前だったりで的中には至らなかった。
今週はCコースになりまた前残り有利と言われているが、ウインフルブルームの回避により強烈な逃げ、先行馬が消えたのでペースも落ち着くだろう。
直線の切れ味、底力勝負になるだろうが、展開次第ではどの馬にもチャンスがありそうだ。

種牡馬で言えば、先週のオークスはディープ産駒が1頭しかいなかったが、今週は4頭が出走。
先週出走がなかったキングカメハメハ産駒も3頭出走している。

1番人気は皐月賞馬のイスラボニータだ。
皐月賞では私も本命にしたが、この馬はフジキセキ産駒。
府中は4戦4勝で得意としているが、どう考えてもダービー向きの血統ではない。
過去10年の皐月賞馬で、ダービーを制したのはディープインパクト、メイショウサムソン、オルフェーヴルの3頭。
どの馬もその後3000m以上のG1を獲っている。
逆にアンライバルドやヴィクトワールピサは、1番人気で敗れた。
ではイスラボニータはどうかと言えば、間違いなく後者と同じ、おそらく2000mの秋の天皇賞が精いっぱいの距離だろう。
さらに今日の暑さを考えると、スタミナ切れで最後の直線でもうひと伸びを欠くような気がしてならない。

そんな事もあり、週の初めまではワンアンドオンリーを本命にするつもりでいた。
弥生賞、皐月賞ともレース最速の上がりを記録した。
特に皐月賞では大外を回っており、広い府中に代わったら一気に突き抜ける可能性大だ。
しかし今週の追い切りが案外だった。
橋口調教師もやや不満が残る内容だったようで、万全の体調なら本命だったが少し割り引いて考える。

かなり悩んだが、本命はトゥザワールドにする。
消去法になってしまうが、この馬が一番欠点が少ない。
皐月賞はスローペースを3番手で進み、勝ちに行ったところをイスラボニータの末脚に屈した。
レース最速の上がりを記録したのは6戦して未勝利を脱出したときの1回のみ、切れる印象はないのだが、出走馬の中では一番のレース巧者であり、先行抜け出しで追い込み馬を振り切った弥生賞のレースができれば勝機は十分ある。

対抗はベルキャニオンだ。
7戦して上がり最速を記録したのが3レース、2位だったのが3レースで最後は必ず脚を伸ばしてくる。
皐月賞も位置取りが後ろすぎたが、直線鋭く追い込んでイスラボニータとは0.5秒差だった。
この馬の問題はローテーションで、2か月ちょっとで4レース目であり、使い減りの不安がある。
しかし調教後の馬体重が492kg、前走プリンシパルSから+18kgだった。
木曜の調教でもしっかり追われ、体調に不安はない。
鞍上の戸崎も前走でしっかりこの馬を手の内に入れており、人気薄での一発があっても不思議ではない。

三番手はワンアンドオンリーだ。
追い切りの動きは気になるが、先週オークスを勝ったヌーヴォレコルトと同じハーツクライ産駒であり血の勢いもある。
鞍上のノリも、2度目のダービー制覇を虎視眈々と狙っているだろう。

四番手はイスラボニータにする。
鞍上蛯名はダービージョッキーのチャンスであるが、やはりどうしてもマイル血統である点が気になる。
ゴール直前で力尽きてまた2着、という事になりそうな気がしてならない。

五番手はトーセンスターダムだ。
血統的にはこの馬も魅力だが、皐月賞の負け方がどうにも解せない。
荒れた馬場が合わなかったにしても、11着と言うのはちょっと負けすぎでだろう。
武豊はそこそこ自信を持っているようだが、まだ成長途上、外枠に回った事もあり直線脚を伸ばしてきても突き抜けるまでは難しいか。

最後はレッドリヴェールにする。
この馬の判断は非常に難しい。
阪神JFではハープスターを破っており、2歳女王→桜花賞2着→ダービー参戦はウオッカとまったく同じ経歴である。
だがウオッカはダービー参戦時点で馬体重が482kgと牝馬にしては大きい馬だった。
対してレッドリヴェールは桜花賞が418kg。
この小さい馬体で牡馬に太刀打ちできるのか。
能力的に好走してもおかしくないが、皐月賞に挑戦したバウンスシャッセが11着に敗れた後オークスで3着に来ていることを考えると、ここでもあまり過信はできない。
鞍上福永がテンノリである事も割り引き材料だ。


◎トゥザワールド
○ベルキャニオン
▲ワンアンドオンリー
△イスラボニータ
×トーセンスターダム
×レッドリヴェール


馬券はいつも通り三連単フォーメーションで、1着◎○、2着◎○▲△、3着は◎○▲△×の24点勝負。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2014-06-01 13:21 | 競馬 | Comments(2)
Commented by at 2014-06-05 15:05 x
消去法で買う馬券なんて、まず当たらんよ
それだけ何も見えてないってことだから
こんな恥ずかしい予想を発信出来る根性には感服するわ

フジキセキがマイル血統とか…w
確かにそういう傾向があるかもしれんが、馬そのものをよく見ないとね
イスラボニータは見立て通り、しっかり2400mを走り切ってくれました


なんか面白いから、たまに覗きにきます
Commented by ksato1 at 2014-06-06 10:58
>あさん

コメントありがとうございます。

根性に感服いただき誠にありがとうございます。

昨日、陣営はマイル血統である事を考慮に入れて、菊花賞には参戦せず天皇賞秋を目指す事を、早々に発表いたしました。

>フジキセキがマイル血統とか…w

↑この言葉は陣営にもご連絡くださいませ。

>イスラボニータは見立て通り、しっかり2400mを走り切ってくれました

一瞬、「あれっ?イスラボニータ勝ったっけ?」と、月曜日のスポーツ新聞を探しに行ってしまいました。
しかし、ワンアンドオンリーに0.1秒差つけられて2着である事を再確認いたしました。
私の買い目では、イスラボニータは2着はあると読んでいたので、イスラボニータには関しては予想通りでした。

なお、「2400mを走りきった」と言う意味では、埒にぶつかったトーセンスターダムもレース中に骨折していたアドマイヤデウスも走りきってますね。
走り切れなかったのは故障で競争中止したエキマエだけです。

基本的にG1は必ず予想をアップしますので、またのお越しをお待ち申し上げます。