「~真!最強伝説~ 元祖!大食い王決定戦」

日曜日に放送された「~真!最強伝説~ 元祖!大食い王決定戦」を見た。
最近は大食い番組も女性タレントがメインで、相撲取りなどと争う形式の方が多くなったが、テレビ東京だけは相変わらず春に女王戦、秋に最強王者戦を実施している。

番組としてはここのところメンバーも変わり映えせずやや飽きが来ていたのだが、2012年の秋に「怪物くん木下」というちょっといいキャラが登場した。
かなりの細マッチョで大食いの実力もさることながら、ザンバラの髪型にピアスといういでたちとちょっとおねぇ系の言動が怪しく、大食いタレントとしてはかなり有望なキャラだ。
昨年も圧倒的な強さで優勝し、今年も優勝候補筆頭であった。

そこに挑むのが、かつての王者元キング山本である。
ジャイアント白田と共に引退していたが、5年ぶりに大食いの舞台に戻ってきた。
本職は飲食店勤務らしいが、大食いで多数のTV出演経験があるためか、笑いの取り方やレースの盛り上げ方も心得ている。
今回は非常に見どころたっぷりの番組となった。

その他の出場者は、男性はほとんど素人同然。
過去に決勝進出経験もある手代木もそこそこ見せてくれたが、大食いの実力は女性のアンジェラ、ロシアンの両佐藤以下だった。
まあ、年も年だし仕方ないか。

試合は、1回戦から木下と山本の一騎打ちの様相を呈していた。
女王のアンジェラが食い下がるものの、やはりこの二人とはちょっと実力差がある。
そして本人の意思か制作者が番組を盛り上げるために仕込んだのか、ストイックなキャラの木下は大会前に滝に打たれて山中を歩くと言う荒行も行っていた。
一方山本の方は、どちらかと言うと余裕かまして決勝戦までに木下の実力をはかると言うスタンスだった。
この図式が面白かった。

特に、まさしく修行僧のような木下は、どの試合でも中盤までは辛そうな顔をしてペースを抑え、後半に入ると一気に爆発して他の出場者を圧倒した。
去年もそうだったが、他の出場者の心をへし折る爆発力だった。
TV受けするようにチャラけていた山本も、表情は笑っていたが最後の最後まで気を抜いていなかったと思われる。

で、結果はと言うと、最後のラーメン対決を1時間戦って同杯数、最後の重量勝負でわずかに山本が木下を抑えた。

この結果を踏まえて考えると、やはりジャイアント白田、ドクター西川、元キング山本が競っていたころが一番レベルが高かったのだろう。
過去にも日記に書いたが、これに小林尊を加えた4人が四天王で、この4人に食い下がれるとしたら怪物君木下と魔女菅原あたりしかいないだろう。
小林尊はもう日本のTVには出ないようだし、ドクター西川は本名に戻って医師になっているらしい。
ジャイアント白田、魔女菅原も完全引退宣言をしているだけに、もうこのメンバーが戦うところ見る事は難しいかもしれないが、一度でいいから本当の最強戦見てみたいとも思う。



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2013-09-30 21:40 | 日記 | Comments(0)