マンモス校だから運動会もこうなった!

去年まで日本一のマンモス校だった娘の小学校。
今年も日本一なのかはわからないが、生徒数はほとんど変わっていない。
で、このマンモス校の運動会が今日行われた。

今年で9年目だが、これまでは毎年お昼の場所取りから子どもの撮影まで、特に3人が通っていたときは本当にかなり強烈なイベントであった。
子どもが増えすぎてただでさえ教室が足りなくなったところに、姉歯物件問題で校舎の増強改築が行われ、さらに昨年の地震で黒板が割れる騒動まであったので、小学校の校庭には毎年プレハブが増え続けている。
プレハブが増える以前の3年ほど前から、生徒数が多すぎるため小学校の校庭では運動会が行えずに、隣の中学校の校庭で実施されるようになった。
そしてお弁当を食べる昼時に日陰になる場所取りを、早朝、場合によっては前夜から行わなければならなかったが、それもプレハブが校庭にどんどん侵出してくるので平たい土地を探す事も困難となり、自ら石をどけて草をむしってシートを敷いたりしていた。
運動会の内容も、中学校の校庭で実施された最初の年は、各学年のダンスと徒競争、選抜選手のリレーのみで、学年ごとに綱引きも行ったものの、玉入れも大玉転がしも騎馬戦もない運動会だった。
いずれにしろ、日記のネタには事欠かないイベント、それが小学校の運動会であったのだ。

が!

今年からはこれが一変した。
自分の子どもが一人だけになった、と言うのもデカい。
何しろ3人いたときは、確率的に2回に1回は自分の子どもの出番だからね。
もうカミサンと二人で、今度はあっちだ次はこっちだと校庭中をグルグル駆けまわったものだ。
それが2年前から二人、そして今年からは一人である。

さらに、今年からはお昼は子どもと親が別々に食べる事になった。
これが本当に大きい。
毎年カミサンは、前夜からお弁当づくりのためにほぼ徹夜だった。
だって、5人分のお弁当作りだからね。
肉巻やら海老チリやら、2段のお重二つ分ほどのお弁当を作っていた(ちなみに、4段のうちの1つは全部オニギリ)。
なので、毎年カミサンがお弁当を作り上げて学校に到着するのは子どもの演技開始のギリギリ。
私が先に行ってお弁当を食べる場所取りをして、さらに撮影ポイントを確認すると言うのが毎年の恒例だった。
ところが今年からは子どもの分のお弁当だけである。
カミサンも朝は余裕余裕。
子どもの出番の間に時間もあるので、お昼は一度二人で家に帰る事にした。
私は食後に30分くらい、お昼寝までしちゃったしね(^_^;;

ただ、それで撮影もラクにできたかと言うと、これが違う。
毎年子どもが自分の出番を紙に書いて教えてくれるのだが、徒競争の順番が間違っていたので撮り逃してしまった(>_<)
団体演技は綱引きで、これも非常に撮影がしづらいし、ダンスのエイサーも場所が悪くてずっとお尻を向けてたよ(^_^;;
まあ、こんな年もあるよね。

後2年残っているけど、こんな感じなら残りの2年はラクに乗り切れそうかな。
もう50歳も近くなっているし、ラクになってくれて本当に助かったよ。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2012-05-19 20:33 | 日記 | Comments(0)