ふざけるな、日立!~日立製品は絶対に買ってはいけない~

さて、電子レンジが火を噴いた話だ。
火を噴いたと言っても、正確には中で火花が飛んで少し焦げ、煙があがった程度だ。
でもモノがモノだけに、これだけでも正直ビビる。

壊れたのは日立製の電子レンジで、現象が起きたのは2月末。
カミサンはすぐに日立のHPの修理と相談コーナーにあったアドレスにメールする。
本当は修理じゃなくて調査してもらいたかったんだけど、それしかないから仕方ないよね、相談とも書いてあるし。
で、予想はしていたものの、返事が帰って来たのはおよそ1週間後。
真冬に電子レンジが壊れたのに、返信は1週間後と来たもんだ。
しかも1週間も待たせておいて、返信は「原因がよくわかりませんので販売店から修理に出してください」だって。
この程度のメールだったら翌日返信だろう、普通に考えて。
PCやテレビじゃなくて生活必需品なんだから、それを販売している以上壊れたら迅速に対応する事がメーカーの使命なんじゃないかと思う。
もちろんいろいろと事情はあるだろうけど、「販売店に持ちこめ」という返信に1週間かかる理由がまったくわからない。
消費者の事をまるで考えてない事がよくわかる。

返信が来た後はちょっとバタバタして、販売店に持ち込んだのはさらにその1週間後くらいになってしまった。
中は多少汚れてはいたけど、そんなにとんでもなく汚れていた訳でもないし、調査をしてもらうためには中を掃除してはダメだと思い、火花が飛んだ時のままにして、いつも利用するノジマ電機に持って行く。
レンジの中で火花が飛ぶってただ事じゃないけど、メーカーに問い合わせたら販売店に持ち込めって言うから持ってきました、普通の修理じゃなくて調査をお願いします、と告げると、ノジマ電機もその事は理解して、きちんと日立に送ってくれたようだ。

さらにそこから1週間後。
なんと、ノジマ電機から「修理費が1万2000円です」と連絡が来た。

おいおい、修理じゃなくて調査を頼んだのにその連絡はないだろう!
連絡を受けたのはカミサンだが、納得がいかないのですぐにノジマ電機に連絡を入れる。
すると受け付けた担当者が出て「こちらからは『きちんと調査してください』と連絡したんですけど・・・」とオロオロしている。
仕方がないので、ノジマから日立に連絡してもらい、直接担当者から連絡をもらう事にした。

するとしばらくして担当者から連絡が入ったのだが、これがまた話にならない。
汚れが酷いと火花が飛ぶ事があります、の一点張り。
納得がいかないので、普通に考えればレンジ内に金属がなければ火花が飛ぶ事はあり得ない、金属以外で火花が飛べばその時点で製品に問題があるって事じゃないのか、と問い詰めるが、お米でも火花が飛ぶ事もありますし、マイクロ波が集中して火花が飛ぶ事もありまして、とか、科学的にちょっと理解できない説明ばかりだ。
埒が明かないので、そもそも修理じゃなくて調査を依頼したんだけど、と言うと、そうですか、では担当者と相談してご連絡します、だって。

えっ?あんた担当者じゃないの?と聞き返すと、なんと実際に修理をする修理工の人だった。
なんで修理工の人が電話してくるんだよ・・・。

その後しばらくして、やっと修理工ではない担当者から連絡が入る。
で、またこいつがビックリだ。
おそらく原因は庫内の汚れだと思います、でもハッキリした事はわかりません、だって。
とんでもなく汚れてた訳じゃないのにそんな事あるのかと聞くと、汚れ方によっては火花が飛ぶ事もありますと言うし、頭にきてこちらが、普通に使って汚れた程度で火花が飛ぶならそれはもう欠陥商品じゃねえのか、と言えば、いけしゃあしゃあと、掃除さえしていれば火花は飛びません、なんて言いやがった。

こいつと話していても仕方がないので、修理せずに戻して消費者センターに相談することにした。

翌日朝イチで船橋市の消費者センターに電話をすると、ここではきちんと話を聞いてくれた。
電子レンジが専門ではないが、日立の担当者に電話して状況を確認しますとのこと。
いったん安心して連絡を待つ。

そして夕方消費者センターの担当者から連絡が入ったのだが、状況は以下の通りだ。

まず、昨日私が話した日立の担当者は、私が激怒しているとは思っておらず、消費者センターから電話が来た事にビックリしたそうだ。
そして我が家が買った日立の電子レンジだが、なんとこの現象が日常茶飯事で起こっているらしい。
だから担当者からしてみれば、状況だけ見てほぼ原因が特定できているとの事。
そこから推測するに、私よりも激しく苦情を申し立てた人が、過去にも何人もいたのだろう。
だから担当者はすでに感覚が麻痺していて、私の電話程度では私が怒っているとは思わなかったのだ。
逆に言えば、それほどこの電子レンジは火花を飛ばしていると言う事でもある。
さらに日立には、このレンジにはこういう現象が起きるというデータもあるらしい。
担当者は、そんなに怒ってないと思ったので、ちょっと説明が雑だったかもしれません、なんて言ってたようだ・・・。

消費者センターの担当者の話では、その人自体もこう言う現象が頻発するなら欠陥商品じゃないか、とも思ったらしいが、ネットで調べると日立ほど頻繁ではないが、他社製品でも汚れが原因で火花が飛ぶ事が起こっているとの事だった。
要するに避雷針に雷が落ちるように、尖った汚れがあるとそこにマイクロ波が集中する事が、稀にあるらしい。
ウチが買った日立のレンジは、そういう現象が他社の製品より起こりやすいのかもしれないが、もし他のメーカーだったら、修理の担当者の感覚が麻痺するほど頻繁に苦情の電話がかかる製品は、自主回収するんじゃないかと言う気もする。
でも、説明書に庫内は掃除してくださいって書いてあるでしょ、だからボクたちは責任ないんだよ、と言うのが日立のメーカーとしてのスタンスらしい。
それはそれで正論であるので、そういうメーカーの製品を買った私がバカだったと言う事になる。

なので今回は修理を依頼して、念のため日立にあるというデータも送ってもらう事にした。

と言う事で結論。
我が家では末代まで「日立製品は絶対に買ってはいけない」を家訓とする。

まあそもそも、民生品から撤収すると言う方針に切り替えてから経営状態が良くなった会社だからね。
一般消費者の事を考えるなんて芸当は出来もしないのだろう。
もういいから、あんたらは世界中で原発造ってなさい。
その事自体は批判しないから。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2012-03-27 22:59 | 日記 | Comments(0)